受験は親離れ・子離れの好機1

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp では、「受験」することの効用を親御さんに伝えます。無論、受験するか否かはご自由です。

先に本ブログ(言葉は知識を刈り入れる道具 カール・ヴィッテの教育法1)でご紹介しましたように、「『子供の教育は、子供の知力が見え始めたと同時に始めるべきだ』。さうすれば、大抵の子供は将来非凡な人間になる。」という考え方は炯眼(けいがん:本質を見抜く鋭い眼力)です。

更に、「遺伝より、教育が大事だ、それも生まれた時から五、六歳までの教育の良し悪しによってきまる」という考え方を一つの物差しとすると、現在の日本の教育環境では小学校受験で、生まれた時から五、六歳までの教育の成果の確認をすることが出来ます。受験の結果、合否の判定が出る訳ですから、これに一喜一憂するのではなく、子供さんの「教育の一里塚」として見ることが出来ます。

また、受験を子供さんの親離れ、親御さんの子離れの好機と捉えると、子供さんの自立、自律心の涵養のはじまりになります。

親御さんが受験することを決めて、子供さんが学び始めるには、いくつものハードルがあります。最初から「知的好奇心」を持つ子供さんは稀です。最初は興味を示さなくても、様々な機会を捉えて、「知的関心」を持たせる工夫が必要になります。子供さんの周りには、様々な切っ掛けが存在しますので、それをどのように活かしていくかが大事です。

posted by at 15:15  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP