英語力と国際情勢

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp では、現在の日本を取り巻く国際情勢は、小学校高学年や、中・高生にとって、正にリアル・タイムで歴史を踏まえた国際関係を学ぶ機会であると思います。日本のマス・メディアだけに頼らず、インターネットを活用することによって、文法や基本的な英単語を理解していれば中学程度の英語力でも、様々な情報に接することが出来ます。

例えば、

トランプ氏は今は日本の事実を理解 河野外相、BBCに

平昌五輪開幕に先駆けて日本の河野太郎外相が、BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員に、北朝鮮の「ほほ笑み外交」と核の脅威や、中国の姿勢、さらにトランプ米政権と日本の関係などについて話した。

という、BBC(British Broadcasting Corporation/英国放送協会)http://www.bbc.com/japanese/video-43028789が提供しているビデオが有ります。

このような、日本の外務大臣が英語で話している様をみると、英語を学んでいる現在の中学生でも、少し頑張れば英語は難しくない語学だ、ということに気づくはずです。また、これらのサイトにアクセスすると、他の様々な記事にも目がいくことになり、興味があれば自然に英語に接していきます。ほとんどの英語嫌いの中・高生は、小難しい英語の問題演習を、宿題として延々させられているという謂わば「受け身」の状態に置かれていることから、英語への苦手意識を持つことになります。映画であれ、DVDであれ、ネットであれ、興味のあるものを理解するのに、英語が必要であれば、どんな中・高生でも、積極的に自ら学び始めます。

posted by at 07:56  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP