祖母の教え 歴史散歩 平戸4

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp では、幼児期の躾や教育の重要性を常々指摘していますが、この度の歴史散歩に訪れた松浦資料博物館(http://www.matsura.or.jp)にも、その貴重な資料を見付けました。

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし。」の言葉で有名な松浦青山(1760~1841:大著『甲子夜話』を著した文武両道の平戸藩第九代藩主)。

平戸藩世嗣・松浦政信の長男として生まれ、父の早世に伴って静山は、12歳で祖父・誠信(八代藩主)の養嗣子となり、16歳で家督を相続。
柳生石舟斎から新陰流兵法を伝授された徳川家康など、江戸初期以前には武芸達者な将軍や大名も少なからずいたが、静山は江戸中期の泰平の世にあって「心形刀流」を究めて印可を受けた。そのほか弓・馬・槍術や柔術まで武芸全般の修行を積んだ経験を持つ。

幼い頃から記憶力に優れ学問を愛した静山ですが、いつまで生きられるかと危ぶまれるほどに病弱でした。その虚弱な体質を克服するため、教育にあたった祖母が文武両道を説いたとされます。その祖母夫人 久昌院の訓戒書が掛け軸として遺されています。

松浦清(静山)候祖母婦人久昌院 訓誡書

 

その内容は(上記写真上段)、

一 神仏常に御信心御志の御こと

一 ご先祖御大事に御心がけの御こと

一 物ごと御堪忍第一の御こと

一 諸人にあいきょうなければ何事も諸願成就なりがたし

一 上として下町人などより必ずに金銀決してお取りなされまじく候、上の好み候ところより下取り入りたがり候世の中に御座候まま、ところ御心ずけらるべく候

一 第一氣丈夫に御持ちなられ候御こと

一 御身御養生第一にござ候、ほかの病氣は養生次第あい直り候えども不養生の病氣仏神の祈祷、薬にても直り申さず候、とかく不養生なき御こと第一にござ候

一 ほめ候者はわがあだなり

一 そしる者は我が師なりと申すことござ候

一 とかく物ごと氣長にお心得なさるべく候、氣ぜわしくござ候は養生にあいなり申さず候

一 万民おあわれえみの御志第一にござ候、召使われ候者もとかくへだてなくお使いになられるべく候、この趣たえずお心にかけられ候えかしと心ずき候まましたためあげ申し候、めでたくお家御相続ならるべく候、めでたく候

吉日

と、あります。十一条後段に祖母婦人久昌院の切なる心遣いが表れていますし、大切に育ててきた孫君が無事家督相続出来たことを寿いでいます。江戸の商家出身の祖母がさばけた性格で、大名家の教育方法に固執しなかったのが幸いしたとも言われています。

その幼児期からの教育宜しく、

清(静山)、が藩主となった頃、平戸藩は財政窮乏のために藩政改革の必要に迫られていました。このため清(静山)は『財政法鑑』や『国用法典』を著わし、財政再建と藩政改革の方針と心構えを定めました。そして経費節減や行政組織の簡素化や効率化、農具・牛馬の貸与制度、人材の登用などに務めています。

更に、安永八年(1779)藩校・維新館を設立して自ら学を講じるとともに武芸の普及を図ります。また藩政の改革を進めるため、身分にとらわれない人材登用も行いました。47歳で家督を三男に譲って隠居し、以後は執筆活動に従事。1821年の甲子の日の夜に起草した『甲子夜話』は亡くなるまで毎夜書き足され、278巻に及びます。

 

甲子夜話(長崎県指定文化財)

 

 

上記写真の説明書きには、

「甲子夜話」は静山が隠居後の文政4年(1821)、師である儒学者林述斎(1768〜1841)の勧めにより、天保12年(1841)に死去するまでの20年間にわたり家橘ずったものである。合計278巻に及ぶ膨大な著書となった。分野は当時の自然現象、社会風俗、人物、法制、宗教、外国関係、狐狸妖怪など広範囲におよんで記述されており、江戸時代を代表する情報誌、随筆集として賞賛されている。大塩平八郎の乱、シーボルト事件、鼠小僧の活動の様子なども詳細に記されており大変興味深い。

と、あります。

現在まで続く、松浦家の名君静山を育んだ幼少期の教育

十一条の訓誡それぞれに意義があります。

神仏の信心、先祖の尊重、堪忍(耐え忍ぶこと)、愛敬(愛し敬うこと)、氣丈夫(心や精神の強さ)、養生第一(摂生:適度な飲食、規則正しい日常生活の心掛け)、褒め言葉は仇(害悪)、謗りは師、気持ちを気長に保つ、人と分け隔てなく接する

・・・これらは、現在の幼児期の教育にも必要です。当然、それを伝える親御さんから日々実践すべきことでもあります。

 

 

 

posted by at 09:04  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP