長崎県立高校 入試説明会の所感

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp は、塾生の将来に役立つ情報を常に摂取しています。

長崎市の公立・私立高校の入試説明会が始まる時季となり、例年各校の成果や実績を聞かせて頂くのを楽しみにしております。時代の要請もあるのでしょうが、広く高校の理念や建学の精神を伝えようとされています。進学を考える児童・生徒には自らを磨くにはどの高校が適しているかを、見極める必要があります。

まだ数ある説明会の一部にしか行っておりませんが、各校の訴えるところを筆者なりに分析しています。それぞれ特色を打ち出されていますが、総花的に伝える学校や、要点を絞って訴える学校等、校長先生などトップの考え方が反映されています。

夏至の長崎港

 

各高校の校内を歩いているときに、玄関周り、廊下、便所・洗面所、掲示物、事務室、職員室などの様子や、場合によっては授業を受けている教室の生徒さんの様子、先生の指導、板書、教育機器、備品なども垣間見ることがあります。

それらを拝見していると、企業訪問ではありませんが、学校の実態を想像できます。企業同様、学校も建物の新旧を問わず、整理整頓され、掃除が行き届き、備品も適切に配置されているか、観点は様々にあります。

それらの感触を掴んでから、説明会に臨みます。

そして、校長先生はじめそれぞれのご担当の先生方のお話を真摯にお聞きして、必要なら質問も致します。何故なら、塾生をお願いしたいと思える学校を峻別したいからです。

一般論として述べれば、

高校生の年齢は、古来日本で行われていた「元服(奈良時代以降、男子が成人になったことを示す儀式。普通、11~16歳の間に行われた)」に準えれれば、ほぼ同年齢です。平均寿命が現在よりはるかに短い時代においてさえ、若者を自立させるのに適した年齢を見極めていたからこそ、11~16歳の間に元服させていたのです。この年齢は、現在で言うところの、小学校六年生から高校一年生。

日本人の歴史から鑑みれば、今ほど若者を自立させていない時代はないのではないでしょうか。つまり、驚くことに某高校の説明会で、「子供達(生徒と言わず)の自学する習慣が段々と付いてきた」と明言されたことです。16歳といえば、武士の子ならば、初陣をすませるか否かのときです。その同じ年齢で、やっと自学する癖がついたというのは情けない話です。

これは、現在の世の中が、子供達に辛抱して努力することの大事さを教えてこなかったツケが回っているということになります。「艱難汝を玉にす」という諺や「辛抱」という言葉の意味を、大人達(親、先生などの指導的立場の人達)が語っているのでしょうか。

ずばり、直言すると、世の中(特に教育界)が寄ってたかって、子供達を甘やかせています。英語のspoil(スポイル)とは、「本来持っている良い性質を損なうこと。物事をすっかり台無しにすること。甘やかして駄目にすること。」と有ります。

学習する習慣づけと称して、中学や高校生に書き込み式のスケジュール表を書かせ、毎日何時間学習したかを申告させ、空欄書き込み式のプリント中心の授業をし、山のような宿題を出し、毎週のように模擬試験をする、等々。

本人に考えさせる遑(いとま:余裕)や自ら学習計画を立て、実践し、失敗する機会を与えないようなものを「教育」というのでしょうか。

自ら考えて計画し、実践し、検証して、次に活かす。所謂、PDC-cycle(Plan-Do-Check)を自ら率先して日々行えるように児童・生徒に動機付けするのが、先生の必要不可欠な役割と考えるのは、筆者だけでしょうか。

posted by at 14:37  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP