学びの転換期 何が必要なんだろう。

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室です。
http://rashinjyuku.com/wp

文部科学省の教育に対する指針が動く中
大学入試改革が数年後に迫ります。この影響で
小学校・中学校・高校の学びに変化が出てきています。

周りをよく観察すると、
「これがコミュニケーション能力だ!」
「これこそ表現力だ!」
「こんな風にすれば思考力は高まる!」
いやいや・・・・今更っ(笑)のお話しも。

長い長い、ゆとり教育の中と便利すぎる世の中で
日本人の学びはあまりにも簡素化され
あ・うんの学びさえできなくなってきたように思います。
ちょっとできないと発達障害?多動的?
本当に苦しんでいる方々に失礼な話さえ教育現場から聞こえます。

もっと、丁寧に。もっと時間をかけて。
もっと一人一人に向き合って。
これからの学びを理解し先を見越して
未来ある子供達を育てたい。そう思っている指導者はたくさんいます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

面談時に、こんな将来もあるよね。
こんな未来を描くと前向きになれるよね。
だから、今を辛抱し頑張ろうね。
羅針塾学習塾だからお話しできること。
一人一人の可能性は無限大で
誰しもハッピーになれる未来・可能性が詰まっています。
夢や希望や想いを叶えるために。
日々の丁寧な学び。
日々の正確な学びと理解。
揺るぎない基本基礎と応用力。
「国語力」は
全てに繋がっていると考えています。
どの子も100点を採れるし
どの子も「わかった!」と言える。学びにしたい。
それが日本が目指す
表現力・思考力・判断力だと考えています。

posted by at 15:50  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP