英語と歴史を同時に学ぶ 「史実を世界に発信する会」の英訳教科書 20

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp では、夏休み期間の講習が始まりました。幼稚園・保育園から小学校へ、小学校から中学校へ、中学校から高校へと進学した際の最初の夏休みを有効活用できるかは、その後の成績の伸びに直結します。お母さん方の動機づけと励ましが大事です。

さて、「英語と歴史を同時に学ぶ」シリーズです。第4章 近代の日本と世界(1) 幕末から明治時代 第1節 欧米諸国のアジア進出 の続きになります。http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Chapter%204%20Section%201,%202.pdf

 

Topic 51 – The Satcho Alliance and restoration of imperial rule

How did the Edo shogunate come to an end?

The Satcho Alliance and movement to overthrow the shogunate

In 1863 (Bunkyu 3), the shogunate purged the Imperial Court of Choshu influence and the extremist court nobles backing the sonno joi movement. It then attempted to bolster its authority by setting up a leadership coalition with the most powerful domains, including Satsuma and Aizu (modern-day Fukushima Prefecture). The next year, Choshu attempted to regain its power by instigating a rebellion in Kyoto, but it was defeated by the shogunate. This was known as the Imperial Palace Gate Incident.

The shogunate followed up by attacking Choshu with a military force led by allied daimyo. The shogunate was victorious in the First Choshu Expedition, and Satsuma replaced Choshu as the dominant influence on the Imperial Court.

Nonetheless, the shogunate’s success was short-lived, as Takasugi Shinsaku refused to accept Choshu’s decision to capitulate. Together with Kido Takayoshi, he launched a rebellion against the government of his domain and restored the anti-shogunate forces to power. Choshu once again became a thorn in the shogunate’s side. Meanwhile, in Satsuma, Saigo Takamori and Okubo Toshimichi were exercising de-facto control of the domain. Having learned from the Anglo-Satsuma War, they focused on acquiring superior weaponry by cultivating close ties with the British.

In 1866 (Keio 2), Sakamoto Ryoma, a samurai from Tosa Domain (modern-day Kochi Prefecture), brought Saigo Takamori of Satsuma together with Kido Takayoshi of Choshu and impressed upon them the need for Japan to become a strong, unified nation-state that could resist the depredations of foreign nations. Though Satsuma and Choshu had been bitter enemies up to then, Sakamoto urged them to put aside their differences and form an alliance. Thanks to the resulting Satcho Alliance, Choshu was able to acquire state-of-the-art weaponry from Satsuma and to use it to decisively defeat the shogunate’s Second Choshu Expedition. Choshu and Satsuma then secretly agreed to work together to destroy the Edo shogunate. Thus, the sonno joi movement evolved into a campaign to overthrow the shogunate.

第二次長州征伐(山口・下関市立長府博物館蔵)

 

51 薩長同盟と王政復古

江戸幕府は、どのようにして滅亡したのだろうか。

薩長同盟と倒幕運動

1863(文久3)年、幕府は、長州藩の勢力と、これと結んだ急進的攘夷派の公家を朝廷から追放し、薩摩・会津(福島県)などの有力な藩を中心とした指導体制をつくった。長州藩は、挽回を試みて京都で挙兵したが翌年、幕府側に敗れた(禁門の変)。

 幕府はさらに、諸藩を指揮して長州藩を攻め、これを降伏させた(第一次長州征伐)。薩摩藩は長州藩にかわって朝廷への影響力を強めた。

 長州藩では高杉晋作が、幕府に屈服した藩政府に対する反乱を起こし、木戸孝允らと藩の主導権を奪い返した。長州藩は再び幕府批判の立場に転じた。薩摩藩では、西郷隆盛大久保利通らが藩政の実権を握り、薩英戦争の経験から、イギリスと接近し、軍備の強化に努めた。

1866(慶應2)年、土佐藩(高知県)出身の坂本龍馬は、外国に対抗できる強力な統一国家をつくる必要性を説き、それまで対抗していた薩長に同盟を結ばせるために、西郷隆盛と木戸孝允を引き合わせた。この薩長同盟で、長州は薩摩から新式の武器を入手し、幕府の第二次長州征伐に反撃し大勝した。薩長両藩は提携して倒幕を目指す密約をした。こうして、尊王攘夷は、倒幕運動へと変化していった。

 

 

・・・中学校の歴史教科書では、上記の様にさらっとした記述しかありませんが、この時代は多くのテレビドラマや映画などで繰り返し取り上げられています。しかし、英語の記述は、なるほどこの様に表現するのか、と興味深いものがあります。この英語と歴史を同時に学ぶ」シリーズは、中学生のみならず、高校生の英作文に活用できる素材です。英語で論述する際に、この様な英文をしっかり書ける力を持つ必要があります。

小学校で英語が本格的に教科として成績評価される様になりますが、相当に国語力のある(語彙も豊富な)児童でも、英語を合わせて学ぶのは負担が大きくなると懸念しています。漢字のみならず、英単語もしっかり書ける様にするには、工夫が必要になってきます。

posted by at 18:56  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP