脳障害児と「漢字」

脳科学の研究が進んでいますが、まだまだわからないことが多いのが脳の働きです。AI(人工知能)の研究も進んできましたが、人間の脳の働きにはまだまだ追いつくことはできません。

石井勲先生著作「0歳から始める脳内開発ー石井式漢字教育」の「第一章 赤ちゃんの脳力アップは漢字から」に、「『かな』を読めなかった脳障害児が『漢字』を読めた!」という項目があります。引用してご紹介します。

「かな」を読めなかった脳障害児が「漢字」を読めた!

たった一文字のかなでさえも読むことのできない五歳の脳障害児が 漢字を教えたらどんどん読んだといったら、みなさん、どう思うでしょう か。そんな馬鹿な……というのが、大方の反応だと思います。しかし、 事実なのです。

 その子は一歳半の時にダンプカーにはねられ、頭蓋骨陥没という重 傷を負いました。幸い命はとりとめたものの脳に後遺症が残ったのです。 医師からは、回復は絶望的と言われていたのですが、せめて自分の名 前だけは読めるようにさせたいと思い、それこそ両親は一生懸命にな って文字を教えたそうです。しかし、一年たっても言葉は覚えられない し、一文字のひらがなさえも読めないと言うのです。子どものお母さん は、脳に障害があるから言葉が出ないと思い込んでいました。でも、二 年、三年経てば、せめてアーとかウー、マンマといった言葉が出てくる と思っていたのです。そうなったら、いろいろな言葉を教えようと考えて いました。しかし、これでは逆です。脳に障害があるから言葉が出ない のではなくて、言葉が出ないから脳が発達しないのです。

脳に障害があったとしても、脳全体に障害が生じているということは ないのですから、声をかければ、残った健全な脳がイキイキと動き出し、 少しずつ頭の回転がよくなっていくということをお話しました。そして、 子どもの脳を活性化させるためには、お母さんでもお父さんでも誰でも いいから、できるだけ話しかけてやること、そして、漢字を覚えさせるこ との重要性をお話しました。

毎日、一枚の漢字カードを15回、1回に10秒くらいかけて見せながら 読んでやる、という方法を教えたのです。一日の学習時間はわずか二分半ほどですから、この子にとっても負担にはなりません。その後、10 日くらいたって、7つの漢字が読めるようになりました」と喜びの手紙が 来ました。五歳になるまで、まったく文字が読めなかった子どもが、たっ た一週間で7つの漢字を読めるようになったのです。半年後、その子ど もに会ったら、表情がまるっきり変わっていました。きりっと引き締まった いい顔になっていました。その時には100以上の漢字が読めるようにな っていました。目の輝きも違っていたのです。

そして一年半後の手紙には、「覚えた漢字は300字になりました。今 では“かな”もすべて覚えました」とありました。

現在、小学校五、六年生が一年に学習する漢字はおのおの約180字 ですが、習得できるのは学級平均で三分の二ぐらいだといわれていま す。つまり二年間で300字の漢字を覚えることは大変なことなのです。 それを考えると、五歳の脳障害児がこれだけ覚えたということは驚くべ きことといえるでしょう。

もっと素晴らしいことには、この子が漢字を覚えていく過程で、情緒 が安定したことです。それまでたびたび癇癪を起こしていたことを我慢 できるようになったこと、病院で診察を受けるときも聞き分けができて、 一人で診察を受けられるようになったことなどが書かれていました。

ポイント:人間として一番必要な能力というのは本を読む力だと思うのです。本を楽々と読めるのと苦労して読むのでは一生の間に大変 な違いが出て来ます。ですから子どもにしてやれる一番よいこと は、本を読む能力をつけてやること、つまり漢字を教えてやるこ とです。

・・・上記の話は、所謂健常者である子供さんであれば、更に様々な可能性があることを示唆しています。話しかけてやること、そして、漢字を覚えさせるこ との重要性」という文言は、日本人の子供さん全てに当てはまります。この二つを日々繰り返す事が出来れば、飛躍的に語彙力並びに読解力が増します。小学校就学前の幼児期を、如何に有意義に子供さんに過ごさせる事が出来るかは、親御さんの日々の努力に掛かっています。

 

posted by at 09:00  |  国語力について, 塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP