顔色をうかがわず、考える。

羅針塾の幼児さん達は、一人で考えます。
物を使ったり、見方を変えたり、手を動かして。
年少さんでも、年中さんでも、年長さんでもです。

学び出した時は、先生の顔色を見たりして
「答えを教えて〜」と訴えかける目で見つめてきます。
ヒントは段々と出すけれど、一人でやり遂げる。
一番大事なことです。
お母様が迎えに来ると「フェ〜ン・・・」と
泣き出す幼児さんもいたり・・
しかし、お母様が辛抱強いですね。
「最後まで頑張りなさい。」ビッシッ!!

毎回毎回、一段づつ小さな階段を上るうちに
成長します。そのうちお母様がお迎えに来ても
「あ〜っ!来るの早いって!ちょっと待ってて」と
いつの間にかおしゃべりも上手になっています。
お母様も「はあ〜い」ってのんびりモードです。

自信がないから顔色をうかがう。
当たり前のことですね。
結果、間違っていても最後までやり遂げる。
前向きに素直に取り組む時
幼児さんの能力は開花します。

「ハキハキ!元気!賢い子」

どんな時もしっかりと最後まで取り組む。
できない・・・と固まってしまっては
何も進みません。
受験日が近くなっても焦ることなく
丁寧に最後まで。
一所懸命にしっかりと考えることができるようになる時
賢さがキラッと光だします。

posted by at 08:51  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP