漢字の成り立ち

幼児さんが文字にどのように反応するか。繰り返し目にするものは自然と記憶に残りますが、そうでない場合は文字の形と音の印象により記憶しているようです。漢字カードなどを用いて読みを問うと、画数が多い難しい漢字でもすらすら言えるようになります。

さて、石井勲先生著作「0歳から始める脳内開発ー石井式漢字教育」の「第三章 教える漢字は一日一字!」に、「漢字の「漢」はどうしてサンズイなのか」という項目があります。引用してご紹介します。

漢字の「漢」はどうしてサンズイなのか

たとえば漢字の「漢」という字は「さんずい」だから、「水」に関係ある 文字です。ではどうして「漢」には水の印がついているんだろう? とい うふうに話を持ち出します。

子どもたちは不思議だなという顔をします。そこで初めて、漢字の 「漢」がどうして「さんずい」かという疑問を持つのです。

そこで漢字の「漢」のお話を始めます。まず中国の地図を書きます。 幼児のいる家庭でしたら、ぜひ世界地図と日本地図は購入しておいて ください。

こんな説明でいいのです。

「ここに黄河という川が流れているんだよ。中国の中央には揚子江と いうのが流れている。二つの川のちょうど真ん中を漢水という川が流れ ていて、そのあたりを漢といったんだ。その漢の中ほどに漢中というとこ ろがあってね。昔、この漢中の王様に劉邦という人がいて、これがもの すごい英雄だったんだ。項羽というもう一人の英雄と戦って秦の国を滅 ぼし、漢帝国という王朝をつくったんだよ。なぜ漢王朝という名前をつ けたかというと、漢水のちょうど中ほどにある、漢中の劉邦が王朝をつく ったから、漢中の『漢』をとって国の名前にしたんだよ。

その漢という国は、今から2000年ほど昔につくられた国だけれども、 中国を統一すると文字を新しく制定したんだ。漢王朝が制定した文字 だから漢字という。この文字は隷書といって今の楷書とは少し違うけれ ども、楷書の基になる、つまり今の漢字の基礎だったんだ。だから今で も漢の名前を取って『漢字』といわれている。でも漢というのは川の名前 だから、“さんずい”がついているんだね」

こういう教え方をすると、漢字とはそういうものかと目が開かれるので す。そうすると子どもは考えるのです。どんな字でも「これはこうだよね」 と言ってくるようになります。そういうときに、もし子どものいうことが違っ ていても、違うと言ってはいけません。

「面白いね、そうだね」と言ってやるのです。子どもが発明した考え方 はみんな受け入れてやりましょう。

「違うだろう、そうじゃないよ」と言ってはいけません。

子どもなりに納得できれは、その漢字について認識が深まったことに なりますから、何も「辞書にこうあるよ」などということを、いちいち言わな くてもいいのです。

 

・・・大人である私たちも、かって子供の頃、漢字の意味合いについてどのように考えたら良いのだろうと、疑問を持ったことがあります。「なんでだろう?」と問いを発するとき、子供が成長の階段を一段登るときです。この好機を捉えて、親が「学び」を促すことができれば、それが習慣化され「一人で学ぶ術」を見つけていきます。

posted by at 08:10  |  国語力について, 塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP