考えて解くを鍛える。

分からない!と言って「ハイハイ」とは教えません。
基本に戻って考える。羅針塾のやり方です。
春から小学一年生がカタカナを忘れました。
「調べよう!」
小学校高学年が、算数の問題が分からない。
「教科書を読んでみよう!」

その中で個人のレベルによって
何処で手助けをすべきかを見極めています。
分からない時は学年を下がってでも丁寧に復習をする。

「考えて解きなさい!」

口では簡単にいうけれど、結構難しいことなのです。
考えずに取り組んだ子達には。
軌道を時間をかけて修正し一つづつ完全解答まで結びつけて
いきます。

考える力を鍛える。
難しいことなのですが
時間とやり方を間違えなければ、意外と簡単にできるのです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

今日は何を食べた?
今日は何が楽しかった?
何が面白かった?
嫌なことはない?

一人一人に合わせた質問をする時。
的確な答えが返ってくるとき。
考える力が研ぎ澄まさられているのだと
感じます。

一日の流れの質問から
一人一人の賢さを確かめ、磨いていきます。
考える力を磨く。
五感すべてを研ぎ澄ませて日々を送れる子へ。
一教科の練習問題よりも大事で
生きていく上で大切だと考える先生達です。

手作りの美味しい飴。
このセレクトは唸りました。
美味しかった!

posted by at 18:41  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP