なぜ?どうして?を大事にする

私達の質問に対し塾生に答えをしっかりと求めます。
何が理解できていないか?
どこでつまづいているか?
聞いてみてどの様に答えるか。
一人一人の「何が・何を」を探ります。

側について見るとき
しっかりと音読できているか。
読んだことが理解できているか。を確かめていきます。
同じ事を何度も何度も間違えるとき
初歩的なことができていないことが多いのです。
自分自身で学び理解できる様にする為に
初歩的なことを徹底させていきます。

「伝えること」がうまくできない子は
何をどの様に伝えれば良いのか。が
わからない。
わからないから、ボーッとなり
取り残されていきます。
子供達が「なぜ?」「どうして?」と思う時
側にいる大人達は最後まで「何を」を
しっかりと聞き無駄のない答え方をしなければ
いけないと考えます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

お母様達にお話しするときは
5w1hで話をさせてください。
答えを与えすぎないでください。と
お話ししています。

何でも過剰に与えすぎ、構いすぎは
子供達の成長の芽を摘んでしまいます。
自分自身で考えること
間違えることを恐れない様にする為に
「なぜ?」「どうして?」を大切にしてもらいたい。
考え、創り出していくことが賢い子の一歩となります。

posted by at 14:59  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP