教科書に載らない歴史上の人物16 根本 博 その1

学習する際の「音読の効用」については皆さんよくご存知と思います。
しかし、これを日々実践するとなると如何でしょうか。
学校であれ、家庭であれ、正しい呼吸法に基づいて大きな声で、句読点に留意し、内容に応じて強弱や抑揚を工夫しながら読む。
長崎市五島町の羅針塾 学習塾・幼児教室は、「正しい音読」を日々実践しています。
当塾が「正しい音読」を重視するのは、有名無名を問わず私達の先人の幼少期には、古典の音読が必須だったからです。

さて、教科書に載らない歴史上の人物の再掲(加筆)です。

***************************

平成22年4月30日出版の「この命、義に捧ぐ」-台湾を救った陸軍中將根本博の奇跡 (門田隆将著 集英社)は、日本人の素晴らしさを伝える名著と言えるのではないでしょうか。

この命、義に捧ぐ~台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡

日本の近現代史については、再三伝えているように、真実の歴史が知らされていません。
その典型的な例が、陸軍中將 根本 博の偉業ではないでしょうか。

●大東亜戦争終戦時(昭和20年8月15日)には、モンゴル(当時は蒙古聯合自治政府)に駐屯していた駐蒙軍司令官として、終戦後もなお侵攻を止めないソ連軍の攻撃から、蒙古聯合自治政府内の張家口付近に滞在する邦人4万人を救った。

●復員後昭和24年(1949)台湾へ渡り、金門島における戦いを指揮して、中国人民解放軍を撃破、現在に至る台湾の分離確定に寄与した。

上記の事実は、一般には知らされることがほとんどありませんし、学校の歴史の授業でまるで封印されたかの如く語られることはありません(おそらくご存知の先生方もどれくらいいらっしゃるか?)。

・・・(前略)
日本列島の広さに匹敵する広大な担当区域を持ちながら、駐蒙軍は師団が二つと混成旅団が二つしかない小軍に過ぎない。既に逼迫する戦況に、駐蒙軍からは戦車師団と一混成旅団が多方面の作戦に連れ出されたまま帰って来ず、兵力の不足は覆い難いものになっていた。
 だが、軍司令官たる根本が弱音を吐くわけにはいかない。
 兵力こそ劣っているものの、根本の部下たちは、宣戦布告してなだれ込んできたソ連軍に立ち向かい、陣地への侵入をまだ一歩も許していなかった。それは根本司令官の叱咤に応えた部下たちの奮闘に他ならない。
 しかし、いよいよ敗戦が決定し、陛下自らの「終戦の詔勅」が発せられたことによって、外地にある日本軍はただちに「武装解除」を行わなければならなくなってしまったのだ。
 この時、根本には、ある覚悟がすでにできていた。

 「一切の責任は私が負う」

 マイクの前に立った根本は、エ、エンと、癖になっている咳払いをひとつすると、深く域を吸い込んでこう語り始めた。
「日本は戦争に敗れ、降伏いたしました。皆さんは今後のことを心配していると思います。しかし、我が部下将兵たちは、皆健在であります」
それは口調こそ穏やかなものの、断固たる決意が漲る声だった。
「わが軍は、私の命令がない限り、勝手に武器を捨てたり、任務を放棄したりするものは一人もおりません。心を安んじて下さい。疆民および邦人は、決して心配したり騒いだりする必要はありません」
 噛んで含めるような言い方だった。そして、根本はこう続けた。
「私は上司の命令と国際法規によって行動します。疆民、邦人及び我が部下等の生命は、私が身命を賭して守り抜く覚悟です。皆さんには軍の指導を信頼し、その指示に従って行動されるよう、強く切望するものであります」
 あなた方の命は私が身命を賭して守り抜く—司令官自らの声が、蒙疆地区のすみずみまで流れたのである。それは、敗戦を告げる「玉音」の次に放送されたものだっただけに、尚更、インパクトが強かった。
 根本はまず住民の間に動揺が走り、パニックが生じるのを真っ先に防いだのである。軍司令官決意のその放送は、全蒙疆地区に散在していた日本人たちに、どのくらい頼もしく、嬉しく響いただろうか。

2に続く

 

posted by at 12:44  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP