国語力を鍛える学び

夏期講習に入り
基本に戻り応用をより深くと
暑い夏をしっかりじっくりと取り組んでいます。

受験生は11月から始まる私立小学校の受験に向けて
より深い学びを。
これが、国立受験の学びへ繋がっていきます。

来春に向けての学びもコツコツと始動中。
トップへの学びを。自信を持って自ら学ぶことを
取り組んでいます。

小学生からは「宿題」をやる。ではなく
理解する。短い時間で正確に解く。
一学期の学びがどれくらい身についているか。
丁寧に観ています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

同じ時間を一人一人が様々なことに取り組んでいますが
突然!塾長から飛んでくる「質問」をどれだけ聞き取り
的確に答えられるか。塾生達はゲーム感覚で取り組んでいます。
長い時間の夏期講習は本当に賑やか。
各学校の教室の様子が伺えます。
それだけ塾生達が日々の様子を語ってくれているのです。
自分自身のことを自分自身の言葉で伝えることは
本当に大切。
国語力がある塾生さん程、的確に話してくれます。
国語力は日々の話の中から磨かれていきます。
幼児さん達も、じーっと聞き
「私は・・・・」と話してくれます。
話し方を学ぶ。国語力を磨く事は
身近な学びの中から生まれてくるものだと感じます。
それを実践しているのが羅針塾です。

 

posted by at 21:43  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP