夏休みを駆け抜ける

二学期の準備と算数検定準備中の羅針塾
旅行などで、グーンと通塾生も減っていましたが
今週からは教室一杯に賑やかな声が響いています。

机に向かうだけの学びだけではなく
頭を使い、磨く学びも。(こちらは大盛り上がりです。)
毎日、熱中症予報が出ていた今年の夏休み。
何を取り組ませようか?と考えましたが
羅針塾らしい国語力を磨く、五感を使う学びになりました。
「処暑」となり
一日、一日と秋の足音が聞こえてきます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

「子供の姿が変わりました。」
「自分自身からなんでも取り組むようになりました。」
この夏休みで変身した塾生さんが沢山います。
また、「このような学びを子供にも身に付けさせたい。」と
入塾してくれた塾生さんもいました。

一人一人が自立・自律するための学びです。
観て、聴き、読み、伝え、書き。
五感で学ぶ「国語力」を磨く学びは
これからどの場所に行っても通用し
自分自身で考えて未来を切り拓く学びになると信じています。

「この髪留めは、ネズミ・・・?」

「違いますっ!ユニコーンですっ。」

塾生さんに厳しいツッコミを頂きました。
そうそう・・このツノは何かなぁと悩んでいたんです。
可愛い髪留めで思わずジーっと観てしまいました。

posted by at 14:54  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP