私立受験に向けて

残暑厳しく、体調管理が難しい中
私立小学校受験の準備が着々と進んでいます。

疲れている時でも、集中力を高められること
最後まで粘り強く考えること。
夏期講習で時間をかけて養ってきたことが
一つ一つパワーになりだしています。
残暑でグターッとなるのは分かっていました。
これを見越して夏期講習を少し背伸びした学びとしていました。

塾生さん達が、どんどん仕上がってきています。
お母様達はこれから丁寧に仕上げていきます。

 

「ハキハキ!元気!賢い子」

お母様達は自分自身の受験でも面接でも
ここまで考えて緊張したことはないっ。
とお話してくれます。
塾生さん自身ではなく
子供の代わりとして
そして、親として何を学ばせ、どのように育てていくのか。
これまで、これからの子育てを深く・深く考えるのが
幼児期の受験だと考えています。

幼児期に学ぶことは一生を左右する。

羅針塾はそう考えています。
そのためには、国語力(母国語の力)
聞き取ること、考えること、伝えること。
的確に簡潔。全てを明確にと考えます。

自分自身の創造・考えを伝え、行動し創り出す。
豊かな才能を磨き賢い子にしていきたい。
羅針塾は日々かんがえます。

ニューフェイス。「ノイジーキャッツ」
まぁ。。コロコロ転げて笑う。
あまりの声に塾生さん・・・・・・・・・・・・・・・
反応が・・
愛すべきキャラクターです。

posted by at 22:12  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP