学びに目標を持つ

何かを学び進める時に「目標」を定めることは
とても大切だと考えます。
年長さんのお母様も
「この学びと、これは身につけさせて
小学校一年生にさせたいですね。」と。

とてもいいことだと思います。
一つ一つ、日々の学びがいい学びとなっていきます。
毎日一つづつコツコツと。
努力は結果として出てきます。

幼児さんの学びの目標は
しっかり聴き、しっかりと読め、しっかりと考えることができるから。
です。
その先の検定や応用はこれらが確実にできていないと
結果が出ません。

「ハキハキ!元気!賢い子」

チャレンジではなく、きちんと身につけさせ
向学心の高いお母様は、小学校入学させたい。と考えています。
お母様が掲げる目標は必ず実現していきます。
学びの質を決めるのも実績を出すのも
お母様の日々の向き合い方だと考えます。
賢い子を創り出すお母様達は
よく考え、学びが何か、学ぶ大切さ。
学ぶ時期、訓練する時期を間違えていないと
考えます。
自分自身で学び、自分自身で道を切り拓くために。
幼児期から将来の子供の姿を見ているようです。
羅針塾の先生達は、お母様達の最大の協力者であり
理解者でありたいと考えています。

posted by at 22:28  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP