冬期講習が終わります

毎年ですが、駆け抜ける様に終わるのが冬期講習
小学生は国語力をバリバリと磨き、英語力をつけました。
また、算数も応用・難問にも取り組んでいました。
幼児さんは課題としていた目標をクリアし
次のステップへと進んでいきます。

受験生は総仕上げ。
今日はケラケラと笑う日でした。
様々なことの最終確認、
様々なことのおさらい。
その中で一人一人がニコニコと取り組んで
自信をつけた日です。

「ハキハキ!元気!賢い子」

出来ないことに目を向けるのではなく
出来ることに目を向けて。
お母様達に常々お話ししてきました。
そして、出来ないことの対応策も。
「つい、この前こうやって頑張りましたね」
受験を経たお母様の言葉。
受験生のお母様に声は掛けないけれども
あったかい目で見守ってくれています。

「この学びが今後を左右します。」

合格!ということではなく
ご縁のある場所でトップになる。
この学びを日々行ってきました。
子供達は「先生これこれ!」
「先生、これが自信がない。」
出来ること、出来ないことを
しっかりと客観視していました。
全てに自信が持てたとき。

勝負は時の運。

お母様にお伝えした
言葉掛けをし、心落ち着けて
臨んでもらえたらと思っています。

明日は冬期講習最終日。

一所懸命に謙虚に。
賢い子のために向き合っていきます。

今日は春の七草。心身ともにリラックスです。
可愛いお年賀をいただきました。
感謝申し上げます。

posted by at 21:44  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP