幼児教育と素読 幼学綱要から

長崎市五島町の羅針塾 学習塾・幼児教室です。

幼児期からの英才教育の一環として、子供さん達のお父様方にご協力を頂き、仕事前のひと時を子供さん達と対面で素読をして頂くことをお願いしております。
共に学ぶことに御協力頂き、お父様方も改めて新鮮なお氣持ちを実感されているようです。

幼学綱要經語鈔

忠節 第二 

 宇内萬國、國體各々異ナリト雖モ、主宰有ラザルノ民無シ。
凡ソ人臣タル者、ソノ君ヲ敬シ、其ノ國ヲ愛シ其ノ職ヲ勤メ、其ノ分ヲ盡シ、以テ其ノ恩義ニ報ズルヲ以テ常道トス。
況ヤ萬世一系ノ君ヲ戴キ、千古不易ノ臣民タル者ニ於テヲヤ。
故ニ臣ノ忠節ヲ、子ノ孝行ニ竝ベテ、人倫ノ最大義トス。

◯書曰、爲下克忠。

◯叉曰、世篤忠貞、服勞王家。

◯詩曰、夙夜匪解、以事一人。

◯論語曰、事君能致其身。

◯又曰、君使臣以禮、臣事君以忠。

◯叉曰、勿欺也。而犯之。

◯叉曰、可以託六尺之孤、可以寄百里之命。臨大節而不可奪也。君子人與、君子人也。

◯孝経曰、以孝事君即忠。

◯叉曰、君子之事上也、進思盡忠、退思補過。將順其美、匡救其惡。

◯大學曰、爲人臣、止於敬。

◯孟子曰、責難於君、謂之恭、陳善閉邪、謂之敬。吾君不能、謂之賊。

◯又曰、君子之事君也、務引其君、以當道、志於仁而已。

所謂、漢文の白文。
解釈によって読みも異なりますが、漢文の文法を踏まえれば、素読をするとリズム感のある漢文の良さが良く分かります。

子供さん共々、暗記するまで音読を繰り返して頂いた方には、次のテキストを配布致しております。

posted by at 13:20  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP