国語力と「戦後国語施策」資料集

幼児教室・学習塾の羅針塾では、音読する為に役立つ読本は、現在出版されているものだけでなく、古書から引いて副読本としています。其の中には、「戦後国語施策」によって変更させられたものが、古来から連綿と続く漢字や仮名の用い方で書かれているからです。日本の子供たちの国語力の低下は、戦前の国語教育の長所を現在の教育に引き継がせなかった結果だと考えます。

例えば、「現代かなづかいに関する資料」には、以下の様に記載されています。

内閣訓令第八号 「現代かなづかい」の実施に関する件

国語を書きあらわす上に、従来のかなづかいは、はなはだ複雑であって、使用上の困難が大きい。これを現代語音にもとづいて、整理することは、教育上の負担を軽くするばかりでなく、国民の生活能率をあげ、文化水準を高める上に、資するところが大きい。それ故に、政府は、今回国語審議会が決定した現代かなづかいを採択して、本日内閣告示第三十三号をもって、これを告示した。今後各官庁においては、このかなづかいを使用するとともに、広く各方面にこの使用を勧めて、現代かなづかい制定の趣旨の徹底するように努めることを希望する。

昭和二十一年十一月十六日 

内閣総理大臣 吉 田 茂

 

細則

第一 「ゐ、ゑ、を」は、「い、え、お」と書く。

一、「ゐ」を「い」と書くもの。

井戸(ゐど→いど) 猪(ゐのしし→いのしし) 参る(まゐる→まいる) 居る(ゐる→いる)

二、「ゑ」を「え」と書くもの。

声(こゑ→こえ) 杖(つゑ→つえ) 末(すゑ→すえ) 植ゑる→植える 据ゑる→据える 会得(ゑとく→えとく) 智慧(ちゑ→ちえ) 回向(ゑこう→えこう)

 

・・・細則の第一から第三十三まで、結構な量で改悪(筆者が思うに)されています。

これによって、日本の子供達が「日本の古典」を読むのに苦労することになります。当然、中・高校で学ぶ「古文」もわざわざ「旧仮名遣い」として読むことになり、「古文」への親しみにくさに繋がります。

「枕草子」「源氏物語」などの世界に誇る女流文学も、原文で読解するには、相当「古典文法」に通暁(つうぎょう:隅々まで知ること)しなければなりません。古典・古文をしっかり学ぶ力をつければ、現代文は実はそれほど難しいものではありません。

 

・・・米国占領下の日本の教育レベルを落とすことに意を用いていたGHQ(General Head Quarter:連合国軍総指令部)は、日本政府を用いて各種の政策を行なわせます。其の具体例の一つが、上記の内閣訓令です。

 

・・・昭和天皇の「降伏文書調印に関する詔書」によって、日本は米国と休戦します。

降伏文書とは、昭和20年(1945)9月2日、日本と米国を中心とした連合国との間で交わされた休戦協定の名称です。この協定により日本の降伏が確認され、ポツダム宣言の受諾は外交文書上固定されました。

そして、早くも昭和20年(1945)9月20日 文部省が「教科書の戦時教育部分の削除」を通達。そして国民学校の生徒自身の手によって、教科書に墨を塗らせました。

 墨塗りが行われた教科書は主に、国語でした。地理、歴史、そして現在の道徳である修身の教科書は、墨塗りではなく、処分されました。
米国が占領政策で最も重要視したのは、「教育の改革」でした。
昭和21年(1946)3月、27名の「アメリカ教育使節団」が東京に到着しました。それはアメリカの有名な教授や宗教学者達でした。
 しかし、彼らの中には日本に関しての教育制度はおろか、日本語にも日本の歴史や文化にも、まともな知見を持っている者はいませんでした。そして彼らはたった20日間ほど(しかも午前中だけ)の調査で、報告書を書き上げました。
現在の日本の教育はその報告書が土台になっているのです。
 全て日本の教育の根幹は米国の思惑通りに変えられました(国語の「ローマ字化」を除いて)。
歴史教育は、「太平洋戦争史」という米国史観によって捻じ曲げられました。
そして、左翼的な教育方針をとる日教組に日本の教育を牛耳らせました。
「愛国心」を戦前の軍国教育の「悪」だとして、日本を嫌いになるような教育を子どもたちに行いました。
日本は悪いことばかりしたと学校で教育され「罪悪感」を植え付ける教育。
そして、占領政策の中で文部省と日教組を巧みに操り、それら全てを日本人自らの手で改革したと錯覚させてきたと言えます。まさに日本の教育、精神を土台から破壊しました。
 ・・・私たちは間違った歴史を教わってきたため、自ら学ぼうとしない限り、自国の真実の歴史を全く知らない状態になっています。
そのため自分自身や祖国である日本に対して、誇りや愛情を持つことができない原因となっています。
終戦後75年も経っているのに、GHQの占領政策が今でも私たちの生きる日本の教育を歪めています。
それを本来あるべき日本の教育に戻し、発展させていかなければなりません。
posted by at 18:54  |  国語力について, 塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP