就学前の学び〜何を取り組むのか〜

長崎市幼児教室・学習塾 羅針塾では
小学校受験が終わると
早速、小学校準備に入っていきます。
「国語力」へのさらなる磨きです。

羅針塾の幼児期の学びは
「国語力」を基本基礎として
受験等の取り組みをおこないます。
様々なことに
一つづつ段階を経て学んでいきます。

小学校受験が終わる頃には
誰もがハキハキ!と話をしてくれる
様になり、大人の様な意見も。
日々、
しっかりと聞き
しっかりと読み
しっかりと観て
しっかりと考える
しっかりと伝える。に取り組んだ
成果だと考えます。

就学前の学びは
今まで、物や書くことで
考えていたことを
どうやったら、その答えに
導く事ができるのか。という
ことに繋げていきます。
この学びで小学校一年生の
大まか輪郭の学びは終了していきます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

小学校に登校するということ。
初めての環境
初めての人間関係
初めての通学
独り立ちして何事も
自分自身の力で取り組まないと
いけません。
その上、机に座り
新しい学びが主となります。

羅針塾の私達は
初めての不安が和らげば。
自信持って登校できる様にと
願っています。
入学前までに得意を沢山作っておく
とても大事なことだと考えます。

小学校に上がるまでの数ヶ月
「国語力」による学びは
トップになるための基本基礎です。

 

posted by at 15:17  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP