実語教 その四

長崎市五島町の羅針塾 学習塾・幼児教室では諺、四字熟語など普段から親しむ様にしていますが、
今日はまさに「天高く馬肥ゆる秋」

久し振りに中腹から金比羅山に登りました。何度も登ったことのある親しみのある山です。
然程高くないのですが、眺望は素晴らしい。
東の雲仙普賢岳、西の五島灘、南の野母半島、北の大村湾、と三百六十度楽しめます。
頂上まで登り金比羅宮に参拝すると、何百年にも渡り、先人達が登山道を整備して下さっていることが良く分かります。
一つ一つの石段にも魂が篭っているかの様です。

天晴れな空の下、金比羅山から望む長崎港

 

<漢文(白文)並びに読み下し文>

 父母如天地
  父母は天地の如く、

 師君如日月 親族譬如葦
  師君は日月(じつげつ)の如し。親族は譬(たと)へば葦(あし)の如し。

 夫妻猶如瓦 父母孝朝夕
  夫妻は猶(なを)瓦(かはら)の如し。父母には朝夕(てうせき)に孝せよ。

 師君仕昼夜 交友勿諍事
  師君には昼夜に仕へよ。友に交はつて諍(あらそ)ふ事なかれ。

 己兄尽礼敬 己弟致愛顧
  己(おのれ)が兄には礼敬(れいけい)を尽くし、己(おのれ)が弟(をとゝ)には愛顧を致せ。

 人而無智者 不異於木石
  人として智無きは、木石に異ならず。

 人而無孝者 不異於畜生
  人として孝無きは、畜生に異ならず。

<現代文>

父母は天地の如く 師と君は日月(太陽や月)の如し。
(父母は私を産み給う。天地が万物を生ずるに比ぶべき存在である。師と君は恭敬・恩愛の心を以て下に臨むものであり、人を教え導き、陽と陰を表象する太陽と月の様な存在である。)

親族は葦の(群がり生ずるが)如くに多い。夫妻は(父母・師君に比すれば、卑しきこと)瓦に比すべし。

父母には朝夕に孝行せよ(孝とはよく父母に仕へまつること。朝夕油断することなく孝を尽くしなさい)。
師と君には昼夜厭うことなく仕えなさい。
友とは争いや諍いをすること勿れ。

自分から(我より)兄たる人には礼を尽して敬まいなさい。
自分から(我より)弟たる人には愛しみ(慈しみ)顧みなさい。

人として智恵がなければ無情の木石に異ならない(人たる道を知らねば木石と異ならないではないか)。

人(万物の霊にして、忠孝の道は正しかるべきものである)として忠孝の道を欠くものは、畜生(犬や猫などの動物)と異なることはない。

posted by at 16:03  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP