「日本にない危機感『国家的油断』が日本人の学力低下を招く」

大学入試改革のニュースが再三メディアに掲載され高校の先生方もそれに翻弄されながら対応に苦慮されているようです。長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室では、変化には対応しますが、文部科学省の所謂「加計(かけ)学園の獣医学部新設計画」について衆参両院で閉会中審査(平成二十九年7月10日)が行われた様を見る限り、文部科学省の推進する大学入試改革は大丈夫なのだろうか、と思わざるをえません。

その不安を鋭く指摘している産経新聞「正論」(2017.7.10)の記事があります。http://www.sankei.com/life/news/170710/lif1707100007-n1.html

抜粋し引用します(尚、太字は筆者が入れております)。

「中韓を侮るな!日本にない危機感『国家的油断』が日本人の学力低下を招く」精神科医・国際医療福祉大学教授、和田秀樹

 私がそれ以上に油断していると思うのは、日本人の科学技術や学力について、国がほとんど危機感を持っていないことである。「ゆとり教育」を撤回したので、それで大丈夫だと思っている節がある。

 

■中国にかなわない科学の影響力

 この6月、文部科学省所管の科学技術振興機構の調査結果が発表された。

 他の論文に引用された回数から、影響力で上位10%の論文を発表した学者がどこの国に属するかの調査だが、それによると中国がコンピューター科学・数学、化学、材料科学、工学で世界トップに立ち、主要8分野のうち4分野が中国、残りの4分野はアメリカがトップになっているという。日本はほとんどの分野で5~6位に甘んじている

 中国や韓国が「ひっくり返っても日本に勝てない」という楽観論はいまだに根強くある。経済については「悲観心理」が余計に不況を引き起こす側面があるので、楽観を抱くことにはある程度、意義もあろう。

しかし、研究や教育に関しては「まだ大丈夫だ」という油断がレベルダウンに直結してしまう。

 日本は毎年のようにノーベル賞を取るが、中国は取れないということを根拠に、そういうことを言う人が多い。しかし、ノーベル賞の多くは10年、場合によっては何十年も前の業績を対象にしたものである。その時代の日本の科学技術の水準の高さを示すもので、現在の水準を示すものではない。

 東大卒や東大教授が、受験に受かったときや教授になったときは優秀であるかもしれないが、その10年先、20年先の学力の高さは保証されるものではない。その後、ろくに勉強しなければ、ただの人である(東大教授になってしまえば論文を書かなくても定年までクビにならない)

 

■いまの大学入試は適切か

 かつて日本のスーパーコンピューターの性能が世界1位だったころ、「2位ではいけないのか?」といって科学研究費を削減しようとした民主党のリーダーがいた。現実には2013年から中国が1位になり、日本は2位にすら入っていない。

 中国の研究費は約38兆円で日本の2倍になっているが、国力の維持のために、何をおいても日本はもっと多くのお金をつぎ込むべきだろう。

 また、各種調査で子供の勉強時間が、中国や韓国の子供と比べて、はるかに少ないことが明らかになっている。

 1990年代の半ばに、日本の平均的な中学生の数学力が韓国や台湾に抜かれた。そのとき、「このままでは20年後には、日本がITなどの分野で韓国や台湾に抜かれかねない」と私が主張したら、当時の学者や文部省から一笑に付され、2002年からは逆に「ゆとり教育」が導入された。

 その後、iPhoneを台湾が作り、台湾の会社がシャープを買収し、日本のスマホやパソコンは韓国のサムスンに勝てないという事態が生じている。

 現在の日本人はペーパーテスト学力は高いが、表現力や創造性が足りないという理由で、20年度からは全ての国立大学をAO入試化するような答申が出され、施行の方向に向かっている。

 しかし、私には日本の子供のテスト学力が高いとはとても思えない。少子化や大学定員の増加でむしろ学力は下がり続けている。中国やアメリカをはじめとする欧米諸国では、初等・中等教育はむしろ詰め込み教育にかじを切り、表現力や創造性のトレーニングは大学に入ってから本格的に始める

 しかし、日本は大学教授が審議会の委員を握り、自分たちの保身のため大学教育を変えようとせず、大学入試のほうを変えようとする。本当にこれで大丈夫だと思っているのだろうか。

・・・的確な指摘に、大学改革を提唱する教育審議会のメンバーの方は、どのように応えるのでしょうね(無論、このような意見は歯牙にも掛けないでしょうが)。実際、県立高校の先生方のお話を聞く機会が有りますが、その言葉の端々に基礎学力の無い生徒への対応に苦慮されていることがわかります。

「各種調査で子供の勉強時間が、中国や韓国の子供と比べて、はるかに少ないことが明らかになっている。」ことや「日本の子供のテスト学力が高いとはとても思えない。少子化や大学定員の増加でむしろ学力は下がり続けている。中国やアメリカをはじめとする欧米諸国では、初等・中等教育はむしろ詰め込み教育にかじを切り、表現力や創造性のトレーニングは大学に入ってから本格的に始める。」という指摘には、改めて基礎教育(読み・書き・算盤)について再考するべきでは無いかと考えます。

そもそも、かって「詰め込み教育」の弊害を無くせという非難の嵐の中で現在の「大学入試センター試験」の前身の「共通一次試験」が開始された経緯を知る筆者からすると、四十年余経過しても却って基礎学力の低下を招くという目も当てられない結果しか産んでいないことがわかります。

結局、我が子の教育は親御さんが工夫して力をつけていくしかありません。

posted by at 12:01  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP