アル幼児サントノ会話

長崎市五島町ニアル羅針塾 学習塾・幼児教室デハ、夏季講習モ終盤二差シ掛カッテキマシタ。先日、アル幼児サン(四歳児)ト一緒ニ修身ヲ音読シテオリマシタ。

二年生 一 カウカウ

 オフサ ハ チヒサイトキ カラ 子モリ ナド ニ ヤトハレテ、ウチ ノ クラシ ヲ タスケマシタ。マタ チチ ガ ザウリ ヤ ワラヂ ヲ ツクル ソバ デ ワラ ヲ ウツテ テツダイヒマシタ。ソノ ノチ ホウコウ ニ デマシタ ガ、ヒマ ガ アレバ、ユルシ ヲ ウケテ イヘ ニ タチヨリ、フタオヤ ヲ ナグサメマシタ。

現代ノ幼児サンカラスルト、挿絵ヲ見テモ、父親ガ草履ヤ草鞋ヲ作ル側デ、娘ノオフサガ藁ヲ打ツ様子ナド、状況ガワカリニクイ場面デス。シカシ、賢イ幼児サンデスカラ、一所懸命ニ考エテイル様子デス。

「カウカウ」トハ、「親孝行」ノコトデス。貴方ノオ父サンヤ、オ母サンニ喜コンデモラウコトデスヨ。例エバ、オ父サンガ御帰リニナッタ時、「オ仕事、オツカレサマデシタ」。オ母サンニ「イツモ僕ノオ世話ヲシテクレテ、アリガトウゴザイマス」ト、オ話シテミタラ良イデスヨ、ト伝エマシタ。

サテ、私ノ言葉ヲ復唱シテクレマシタガ、ソノ後、如何。

posted by at 23:29  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP