世界大学ランキング2018

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室 http://rashinjyuku.com/wp では、塾生の個性に応じた将来をイメージしながら、今日為すべきことを指導します。

さて、「世界大学ランキング、日本勢が振るわないのはなぜ?」http://www.sankei.com/life/news/170925/lif1709250027-n1.htmlという記事が産経新聞に掲載されていました。

日本トップの大学である東京大学は前年の39位から順位を落として46位と過去最低となりました。ランキング(1,000位以内)には日本から71校が入っているものの、上位200位以内に入っているのは東京大学の他には京都大学の74位(前年91位)だけです。

なぜ日本の大学の順位は伸びないのでしょうか。

日本の大学には不向きな評価基準

英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)の大学ランキングは、世界的にも権威があり、主要国の有名大学がランキングをめぐってしのぎを削っています。日本政府も大学改革の一環として、2023(平成35)年までに世界ランキング100位以内に日本の大学を10校ランクインさせるという目標を掲げていますが、その目標実現は非常に困難であるのが実情です。

しかし、その理由は日本の大学の実力不足ばかりとは言えません。

そもそも大学をランク付けすること自体に意味がないという意見も大学関係者の間には根強くありますが、グローバル化の時代には何らかの指標は必要でしょう。

ランキングの1位はオックスフォード大学(英国)、2位はケンブリッジ大学(英国)、3位はスタンフォード大学(米国)とカリフォルニア工科大学(米国)で、トップ10はほぼ英米の大学で占められています。

THEのランキングは研究力や国際性などに重点を置いた13指標で決められており、教育に重点を置く日本の大学の評価には不向きです。また、外国人の教員比率、論文の被引用数など国際化の面でも、日本の大学は日本人教員が中心で日本語の研究論文が多いという点が大きなマイナスになっています。

ただ、同じアジア圏でもシンガポール国立大学や北京大学などは東京大学よりも上位にランクされており、日本の大学がグローバル化に乗り遅れているというのは事実なようです。

 

予算削減など日本の大学政策にも原因が

これに対して文科省は、スーパーグローバル大学創成支援事業を展開し、旧帝大系など13大学を、世界100位以内を目指す「トップ型」に指定して、重点的に予算を配分していますが、あまり大きな成果は得られていないのが現実です。

一方、国立大学の主要財源である国からの運営費交付金は年々削減が続いている他、私立大学への私学助成も実質的に減少しています。大学教育全体の予算を削り、一部の大学に少しだけ財源を上乗せするという現在の政府の大学政策は、必ずしもうまくいっているとは言えません。日本の大学の世界ランキングの低迷は、日本の大学政策にも大きな原因がありそうです。

一方、英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)教育力などに重点を置いて評価した「世界大学ランキング日本版」を作成しています。https://japanuniversityrankings.jp/rankings/

これによると、総合ランキングを「教育リソース(どれだけ充実した教育が行われて可能性があるか)・教育満足度(どれだけ教育への期待が実現されているか)・教育成果(どれだけ卒業生が活躍しているか)・国際性(どれだけ国際的な教育環境になっているか)」の4分野で評価しています。

1  東京大学 88.5

2   東北大学  87.4

3   京都大学 86.8

4   名古屋大学 86.3

4   東京工業大学86.3

6  大阪大学     86.1

7  九州大学  85.1

8  北海道大学   82.8

9 筑波大学  81.7

10 早稲田大学 75.9

11 慶應義塾大学 75.4

12 広島大学  75.2

13 神戸大学  74.4

14 一橋大学  72.4

15 国際基督教大学71.8

16 千葉大学  70.6

17 長岡技術科学大学69.8

18 上智大学  69.1

19 金沢大学  68.6

20 国際教養大学 67.9

以下、150位まで掲載されています。エリア・学問系統・大学名での絞り込み、総合順位・分野別スコアでの並び替えが可能ですので、上記アドレスにアクセスしますと、様々な参照ができます。

子供さんの将来を考えると、現時点でのこのような情報も一つの判断材料にはなります。各大学でも、意欲が高く有能な学生を集めたいわけですから、このようなランキングによって切磋琢磨するのも必要ではないでしょうか。

 

posted by at 09:20  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP