‘ 羅針塾 ’ の投稿記事一覧

智能は幼児期に言葉に依って創られる

長崎市五島町にある幼児教室・学習塾の羅針塾では、小学校受験に向け準備をしようと考えておられる親御さんから様々な質問を受けます。子供さんの教育にしっかりとした考えをお持ちの方は少数派です。子育てや教育に対する様々な悩みや不安の元は、耳に入る情報が錯綜し、いずれを取るべきか確信が持てないことが原因です。

現在は、教育に対する情報がインターネットにも百花繚乱と言える程溢れています。簡便に情報を集めることが出来るのは有り難いのですが、其の中から適切で有意義な情報を収集し、分析し、活用するのは、自らの立ち位置をしっかり維持しておかない限り、混乱の元にもなりかねません。

最新の教育理論や動向は、しっかりと検証されるまでに時間がかかり、安易に取り入れる事は、後で悔やむことになりかねません。

筆者は、海外の教育理論や動向などの最新情報にも目を通しますが、「教育は百年の大計」と言われるように、日本の歴史の中で検証された教育と日本文化に根差した、正に日本人に適した教育があると信じます。

そこで、よく引用させて頂く石井勲の著書から、「漢字興国論」(1997)をご紹介します。

「漢字興国論」 第二章 漢字は世界で最も高度な文字――真に文字と言へるものは漢字だけである――

智能は幼児期に言葉に依って創られる

従来「智能は生れつきに依る」と考へられてゐましたが、近年は「幼 児期に創られる」それも「言語によって創られる」といふ考へが強まって 来ました。

フランスの言語心理学者ポール・ショシャールは、フランスの小学校 に就学してゐる黒人の子供たちの生育歴を 1 人 1 人丹念に調査しまし た。そして「アフリカで生れ、そこで幼児期を過した子供たちの智能は、 フランスの子供たちの智能より明らかに低いが、アフリカで生れてもフ ランスで幼児期を過した千供たちの平均IQは、フランスの子供たちの 平均 IQ に劣らなかった」といふ事実を明らかにしました。

右の事実は「智能は生れつきに依らない。幼児期に創られるものである」ことを教へてくれます。また、「智能は幼児期の言語活動に依って 創られる」ことを推測させてくれます。ではなぜ「智能は幼児期に言語 に依って創られる」のでせうか。

 人間の大脳はよくコンピューターに譬へられます。然し、似てはゐても、大変な違ひがあります。コンピューターは初めからハードウェアの 容量が決ってゐて、それに見合ったソフトウェアしか入力できません。 いくら立派なソフトウェアを作っても人力できないのです。

これに対して人間の大脳は、人力されたソフトウェアに依ってハード ウェアはいくらでも容量が大きくなるやうに準備されてゐるのです。つま り、ソフトウェアが立派になればそれに従ってハードウェアも大きくなる のです。そして大きくなったハードウェアが更に立派なソフトウェアを入 力し易くする、といふやうに相互に影響を与へ合ひながら発達して行く のです。

所で、人間の大脳は二十歳頃までにハードウェアの発達を終へます が、幼児期の発達が特に目覚しく、この時期に成人の大脳の 60 から 70 パーセントまで発達し、小学校に入学する 6 歳頃には 80 パーセントま で発達するさうです。既に述べましたやうに大脳のハードウェアとソフト ウェアとは相互に影響し合って発達して行くものですから、幼児期の大 脳の使ひ方で決ったハードウェアの容量の大小に依ってその後の発 達が左右されるのです。大脳のソフトウェアは言葉が基幹ですから、 「幼児期に吸収する言葉の質と量に依って智能が決定する」のは当然 だと言へませう。

・・・「幼児期に吸収する言葉の質と量に依って智能が決定する」という言葉は、非常に含蓄があります。

「言葉の質」は、美しい日本語、「言葉の量」は、正しい日本語、によって担保されます。外来語や和製英語的なカタカナ混じりの日本語を、どれだけ入れても、本当の智能の発達には寄与しない、と考えます。

 

 

posted by at 14:35  | 国語力について, 塾長blog

遅れた学びをどうするか。

長崎市五島町の幼児教室・学習塾の羅針塾です。
まだまだ見通しがつかない武漢ウイルス(コロナ)。
日々続けて、予防対策中です。

今回の休校や休業等の自粛により
どのように学びを続けていけばいいのか。
沢山の声をお母様達から頂きました。
ただただゴロゴロとするわけにもいかず・・・
毎日の計画を立ててくださいね。等々
お伝えしました。

幼児さんの学びは
一番悩んだようです。
特に教材があるわけでもなく
あったとしても、
どのように取り組ませていけばいいのか。
遅れていくぶんをどのように取り組ませるのか。
不安もあったかと思います。

通常通りの学びになった今
何が優先順位なのか。
一人一人の成長の度合いを見ながら進行中。
いっぺんに詰め込むのではなく
どんなの時も基本基礎は丁寧に。です。

「ハキハキ!元気!賢い子」

自粛期間中に
バタバタとした生活ではなく
心落ち着けて取り組めました。と
こんなことをしたら?
あれはオススメですよ。が
今に効いてきています。
忙しく充実した毎日でした。と。
今年度の受験期
来年度に向けて楽しみです。

この夏期講習でどのように変身するか。
楽しみにしています。
取り組ませたいことが盛り沢山です。
小学生も同じようにです。
夏休みの期間がまちまちですが
慌てることなく毎日怠ることなくです。
賢い子は毎日コツコツと。
しっかりと準備し、予定を立てています。
成長の階段を一歩一歩登っています。

posted by at 19:12  | 学習塾 幼児教室blog

自学自習の力

長崎市五島町の幼児教室・学習塾の羅針塾では、塾生の将来を見据えながら日々の学びを指導します。

幼児さんであれ小学生であれ(むろん、中学・高校・大学生も)、将来自ら人生を切り開いて行く力を身につけていかなければなりません。

其の為の第一歩が、自ら学び、自ら習う「自学自習」する力を、如何に早くみにつけていくか、です。

産経新聞(2020.6.23)の記事にも、15歳対象の国際学力調査を踏まえて以下の記事がありました。引用してご紹介します。

【風を読む】自学自習力を高めたい

https://www.sankei.com/life/news/200623/lif2006230010-n1.html

 20、21日の土日、高校生らがインターネットのテレビ会議システムを使って社会問題などについて考えるイベントを見る機会があった。日本財団が支援する団体「i Stand」の活動の一環で、グループに分かれ話し合い、小学生にも分かる動画教材をつくる企画だ。コロナ禍の中、「他人の意見を聞く機会」の重要さを語る高校生もいて印象深かった。

15歳対象の国際学力調査などを行っている経済協力開発機構(OECD)の担当者はコロナ禍の以前から、ネット社会での学びの変化について指摘していたので、改めて紹介したい。かつての勉強法は、分からないことがあれば、専門知識を持った人が書いた本を読んで調べた。それがいまネット検索で手軽にできる。しかし、その情報が本当に正しいのか、吟味する力が必要になっているという。

そうした批評的思考は、日本の弱点とされる。OECDの学力調査の一環で、他人といかに協力できるかチームで連携する力を調べたことがある。3人一組で役割分担する想定で、他人の誤りなどに適切な助言ができるかなどだ。日本の生徒はルール違反を指摘して修正できるかみる設問で正答率が低く、他人に迎合する傾向が出た。

オンライン授業以前に、自学自習の力を見直したい。日本の学生の勉強不足が指摘されて久しい。欧米に比べ、日本の学生が課題図書を読む量など授業の準備に充てる時間は極めて少ないといわれる。1日の読書時間が「ゼロ」という学生が過半数に上る調査もあった。異論、反論はチームで解決していく力につながるが、確かな知識、教養に根ざした意見を持てるか。自ら学ぶ力が問われている。

・・・「批評的思考は、日本の弱点とされる。」と記事にありますが、外国人と議論する場合は別として、一般の日本人同士では、「批評的思考」は寧ろ無遠慮として忌避される傾向があるように思います。所謂、揚げ足を取らないのが礼儀とされているからです。

丁々発止するディベイト(debate*)の場では、「批評的思考」がなくては議論になりません。

以下Wikipediaからの引用です。

ディベイト(debate)とは、ある公的な主題について異なる立場に分かれ議論すること(広義のディベイト(debate))。様々な教育目的のために行われる教育ディベート(educational debate)が、単に「ディベート」と呼ばれることもある(狭義のディベート)。

尚、日本における本格的な教育ディベートは、福沢諭吉によって初めて日本にもたらされたとするのが定説である。福澤は「debate」の訳語に「討論」という日本語を当て、日本に広く普及させるとともに自ら実践した。明治6(1873)年に福澤が行った日本初の教育ディベートの論題は「士族の家禄なるもの、一体プロパーチーであるか、サラリーであるか」だったとされている。討論は、この頃から学校教育で課外活動として位置づけられはじめ、旧制中学においても1877年頃から各種の討論会が行われはじめる。こうした教育ディベート活動は、1897年以降には多数の理論書も出版されるなど隆盛を極める。

・・・日本における教育ディベートは、歴史を振り返ると福沢諭吉を嚆矢(こうし:ものごとの初め)として、其の素地はしっかりとあります。従って、しっかりとした指導者が導いていけば、日本人が外国人とのディベートに劣る事はない筈です。

当然、ディベートをする前提としてしっかりとした語彙力がなければなりません。それを幼い時から一つづつ身に付けていく必要があります。其の為には、子供さんに「言葉の意味合い」を理解させていく普段の努力が親御さんには必要です。

言葉の意味合い」をひとつづつ理解した子供さんは、物事に興味を持ち、知識欲が芽生え、更に知りたいという学びに対する欲求が出てきます。そうすると、最初は親御さんにしょっちゅう尋ねていたレベルから、導きによって自ら学ぶことを覚えていきます。

自学自習の力は、導きと訓練(繰り返し)によって獲得していきます。

 

posted by at 12:40  | 国語力について, 塾長blog

幼児期に何が必要なのか

小学校受験はどのようにしたら合格しますか。
どんなことを勉強すればいいのですか。
カリキュラムを教えてください。
お母様達からの質問です。

羅針塾では
「子供さんの成長をみて」と話します。
小学校受験には子供の成長を左右するものに
お母様の力が一番必要だと考えているからです。
小学校に上がるまでに必要なことは沢山あります。
しかし、放っておいても育ちません。
与えるべくして与える。です。

一人一人の成長の差があります。
型には嵌める事はできません。
けれど、自分勝手すぎるのもいけないのです。
このバランスを一人一人に理解させていく。
とても大事な事だと思います。

この子はできて、家はできない。
と、どうしても比べがち。
病気でない限り、大人になっても
おねしょをする子はいないし
食べることができない子もいませんよ。
「やろうね」「教えてね」と促すことと
辛抱強く待つことも大事です。
身体と心の成長が必要です。と伝えます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

一つ一つ、問われていることに
考え、導く力。
理解し伝える力。
毎日の学びの中にあります。
階段を登ったり降りたり・・・
一つ一つの小さな挑戦が幼児期には必要です。

羅針塾では
手を動かし、観て、聞いて、考え、伝える。
幼児期に大事なことを丁寧に取り組んでいます。
これが、勉強することなんだ。
なあんだ。楽しいね!と言ってもらえるように。
そして、御家族が希望する小学校にトップで
入学できるように。
導いていきます。

posted by at 19:09  | 学習塾 幼児教室blog

もしも20年後の子供に会ったとしたら

現在、子育て真っ最中のお母さん方が、もし20年後の子供さんに会うことを想像してみたら、子育ての意味合いを理解できるのではないでしょうか。

これは、筆者の子育て(否、家内が主で)経験から考えさせられることです。

最初の子供を持った時の、感動、戸惑い、不思議さ、等々、それぞれの親御さんが感じるものが、子育ての始まりです。

「這えば立て、立てば歩めの親御心」

これは、筆者の母親が子供時分に諭してくれた俚諺(りげん:民間で言い表されている諺)です。幼い時分から、事あるごとに問わず語りに語っていた言葉の数々が、年を経るごとに思い起こされます。

不思議なことに、子供の頃の一場面一場面がふとした時に蘇るのは筆者だけでしょうか。

間違いなく、子供さんも日々の中で、様々な思いを紡いでいきます。

楽しいこと、悲しいこと、悔しいこと、ワクワクすること。

その度に、話すことができれば、まず第一にお母さんに話すでしょう。

そのような日々を、一年365日繰り返していきます。

そして、成長していく中で、子供心にお母さんの存在は一見小さくなっていきます。それが、いずれ親離れし、成人していく。

人間がこの世に生まれてから、営営と続けてきたことがこれからも続いていきます。

 

・・・子供の為に良かれと思い、叱ることもあり、日々悩むのが子育てです。

そんなときに、20年後の立派な男性、女性になっている将来の子供さんに、もしタイム・マシーンに乗って会うことが出来れば・・・

どれ程楽しく、嬉しいでしょうか。

「楽有れば苦有り、苦有れば苦有り」と、繰り返し繰り返し呟いていた母の姿が思い起こされます。

 

posted by at 16:14  | 塾長blog
さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP