武漢初のコロナウィルスが大問題となっています。その対応には子供さんをお持ちの各ご家庭で真剣に対策を講じる必要があります。

然は然りながら、教育の世界では、2020年4月から先ず小学校から新学習指導要領による学習が、全学年で一斉に始まります。新学習指導要領により、学習内容に伴って教科書も授業も全て変わることになります。

そもそも学習指導要領とは、小学校・中学校・高等学校でどの教科の授業を何時間行い、児童・生徒が何を学ぶかを規定する、カリキュラム(教育課程)の基準となるものです。概ね、十年ごとに改訂されます。社会の移り変わりによって、教育も変えていく必要があると考えられているからです。

参照:文部科学省ホームページ(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1383986.htm)

●実施スケジュール

小学校・・・2020年度全学年実施。

中学校・・・2021年度全学年実施。

高等学校・・・2022年度全学年実施。

●問題点

新旧学習指導要領が入れ替わる学年(小学校では2020年春の新小学2〜6年生)は、慣れ親しんだ学習の仕方が途中で切り替わり、混乱が生じることです。それに備えて移行措置が実施されますが、最低限のカリキュラム調整に留まります。しかし、英語や実技系教科では、それぞれの学校の裁量で「先行実施」も行われるので、学校の取り組み方如何で当座「格差」が出てくる可能性は否めません。

●新学習指導要領の理念ー「社会に開かれた教育課程」

現代の子供達は、学校で習った知識だけで充実した社会生活を営むことは難しくなりつつあり、知識が日々更新されていく中で生きていく力が必要です。その「生きる力」を育むために、学校教育と社会の関わりをこれまで以上に深めていくことを、新学習指導要領は目指しています。

資質・能力の三つの柱として、

1. 生きて働く知識・技能の習得

2.   未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力の育成

3. 学びを人生や社会に生かそうとする学びに向かう力・人間性の涵養

を示し、「何ができる様になるか」「何を学ぶか」「どの様に学ぶか」を「社会に開かれた教育課程」で導こう、ということです。

 

・・・少なくとも、従来の学習指導要領の目標としていた「知識・技能」は、新学習指導要領ではあって当然というスタンスに立ち、新・教科書で示す問題をきっかけに「知識・技能」をどう用いるか、というレベルを目標としている様です。

また、

授業が変わるー児童の「主体的・対話的」力を引き出し、「深い学び」へ。

各教科の「見方・考え方」を身に付けること。・・・・・と導く意図のようです。

● 新しい教科書は?

1. 豊富な学習量は変わらない。ープラス、「学び方」を盛り込む。

2. 学び方を教科書が示す。ー 教科書を基軸とし、100%習得できるように。

3. 学びと日常生活・現実の社会を結びつける。ー教科間の垣根を超えての学び。

4. 教科や学年を超える「学びのつながり」を示す。

5. デジタル教科書の存在感ー QRコード教科書の各所に配置→インターネットを活用して教科書の理解を高める。例えば、英語の教科書では、可視画像、動画を見ながら自学自習もできる。また、算数の計算問題は、教科書の問題数以上に練習したい場合に、QRコードから教科書の出版社のインターネット上のサイトで多くの問題にアクセスできるようになり、自ら積極的に多くの計算問題を練習することができる。

・・・なかなか前向きな「新学習指導要領」です。

上記の、「2. 学び方を教科書が示す。ー 教科書を基軸とし、100%習得できるように。」は、小学校で教科書を軽んじているかのような授業をしている例を見ているだけに、賛成です。また、「5. デジタル教科書」は、「QRコード教科書の各所に配置」されていることを、活用できるよう家庭でも毎日しっかり復習すると効果的な学びになることでしょう。

要参照:各教科書の出版社のサイト

例、東京書籍(https://www.tokyo-shoseki.co.jp)、光村図書(https://www.mitsumura-tosho.co.jp)、教育出版(https://www.kyoiku-shuppan.co.jp)、啓林館(https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/index.html

 

前ブログの教科書に載らない歴史上の人物 25 橋本 景岳1に記載している「啓發録(けいはつろく)」について、分かり易い解説がありましたのでご紹介します。wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/橋本左内からの引用です。

橋本景岳は、

7歳で漢籍・詩文と書道を、8歳で漢学を学び、生涯を通じて学問武道に励んだ。左内が15歳の時に著した『啓発録』に、後年、序文を記した矢嶋皞(やじまこう)によれば、当時の橋本左内は、学友が激論しているときも常にうつむいて行儀よく座り、皆の話を黙って聞いているような少年で、自分の学才を表に出さず、沈思黙考しているような人物だった。『啓発録』は、左内がそれまでの生き方を省み、その後の生き方の指針として5項目を定め、著したものとされる。

●  去稚心(稚心を去る。) :  目先の遊びなどの楽しいことや怠惰な心や親への甘えは、学問の上達を妨げ、武士としての気概をもてないので、捨て去るべき。

● 振気(気を振う。) :  人に負けまいと思う心、恥を知り悔しいと思う心を常に持ち、たえず緊張を緩めることなく努力する。

● 立志(志を立てる。) :  自分の心の赴くところを定め、一度こうと決めたらその決心を失わないように努力する。

● 勉学(学に勉む。) :  すぐれた人物の素行を見倣い、自らも実行する。また、学問では何事も強い意志を保ち努力を続けることが必要だが、自らの才能を鼻にかけたり、富や権力に心を奪われることのないよう、自らも用心し慎むとともに、それを指摘してくれる良い友人を選ぶよう心掛ける。

● 択交友(交友を択ぶ。) :  同郷、学友、同年代の友人は大切にしなければいけないが、友人には「損友」と「益友」があるので、その見極めが大切で、もし益友といえる人がいたら、自分の方から交際を求めて兄弟のように付き合うのがよい。

 

・・・更に、「益友」の目安について

 

  • 厳格で意思が強く、正しい人であるか。
  • 温和で人情に篤く、誠実な人であるか
  • 勇気があり、果断な人であるか。
  • 才知が冴えわたっているか。
  • 細かいことに拘らず、度量が広い人であるか。

 

・・・と、述べています。友人選びについて「朱に交われば赤くなる」と筆者も母親から常々戒められていましたから、此の「益友」の目安は共感を覚えます。また、逆の立場からすると、自らが友人に対し、此の目安に足り得るか、と自問しなければなりません。

 

さて、教科書に載らない歴史上の人物 25 橋本 景岳1からの続きです。「少年日本史」(平泉澄著 皇學館大学出版部)p.607からの引用です。

然るに時勢の切迫は、景岳の明道館に専念するを許さず、翌安政四年の八月には、藩主松平慶永(まつだいらよしなが)の内命を奉じて、國家の重大事、卽(すなわ)ち、開國か攘夷かの問題と、將軍の後嗣(あとつぎ)、卽ち慶喜(よしのぶ)か、家茂(いえもち)かの選擇(せんたく)、此の重大事の爲に、朝廷、幕府、諸藩の間に奔走することになりました。その奔走一箇年の後、安政五年七月、藩主慶永は隠居謹慎(いんきょきんしん)を命ぜられ、ついで景岳も取調べを受けて閉居謹慎していましたが、翌年十月、傳馬(てんま)町の獄に下され、十月七日死刑に處せられました。二十六歳でした。

 

・・・中学や高校の教科書には、「安政の大獄」の説明の部分に橋下左内の名が記載されているぐらいで、その為人(人となり:生まれつきの性質、天性、本性)や事績(じせき:ある人が成し遂げた仕事、業績、功績)は全く取り上げられていません。

そもそも日本の歴史教育や地理、公民(政治・経済)などの社会科目は、全く学ぶものの興味や学習意欲を喚起させない様な教科書を文科省が検定済みとしている事が、多くの社会嫌いの児童・生徒を生み出しています。世の子育て世代のお母さん方に、学生時代の社会科目の授業について尋ねますと、一様に「詰まらない」「授業が眠くて苦痛だった」と云う意見が返ってきます。

それに比して、

平泉澄先生の「少年日本史」は、初版が昭和四十五年(1970年)ですから、当時の小中学生にも分かりやすい様に、漢字に読み仮名を添えていますが、旧漢字を用い、内容は高尚(こうしょう:知性や品性の程度が高い事、立派な事)です。

従って、景岳の國事に奔走しましたのは、二十四歳の秋から、二十五歳までの秋までの一年間であり、その身分を云えば、越前藩主の秘書官に過ぎないのでありますが、その視野の廣(ひろ)く、識見の高く、立案の雄大にして獨創(どくそう)的なる點(てん)、更にその態度の慎重にして禮節(れいせつ)にかない、接する人々を感激心腹(かんげきしんぷく)せしめたる點、どの點を見ましても當時の第一流であり、いや當時とのみ云わず、前後幾百年の間に比類を見ないのであります。

先ずその学問を見ますと、和漢洋の三つを兼ねて、その精粹(せいすい:清く混じり気のないこと)を採っています。吉田東篁(とうこう)に就(つ)いて山﨑闇斎(やまざきあんさい)の學問に根柢(こんてい:物事や考え方を成り立たせる土台となっているもの。基礎、根本)を養い、本居宣長を慕って櫻花晴暉樓(おうかせいきろう)と號(ごう:呼び名)し、藤田東湖(ふじたとうこ)を通じて水戸學に觸(ふ)れ、經國(けいこく:国を治めること)の識見を高めました。更に大阪の緒方、江戸の杉田と云う蘭學の大家(たいか)に従ってオランダ語を學び、直接にオランダの原本に就いて、西洋の文明を理解し、世界の大勢を知りました。そして人々が、世界の地理を知らず、西洋の歴史を知らず、列強の武力を察せず、その侵略の意圖(いと)を知らず、徒らに今日の泰平を謳歌している事を歎きました。

ポルトガルが東洋に進出して、マカオ(Macao)を占領したのは、今より四百年前のことでありますが、此の先例に鑑(かんが)みて、國家の防備を強化しなければならぬと説いたのは、景岳でありました。卽(すなわ)ち安政年間、人々は中秋の月見に興じ、酒を飲んで楽しんでいるのを見て、

「他が知らむ、一片(いっぺん)晴暉(せいき*)の影、嘗(かっ)て澳門(マカオ)の白骨を照らし來るを、」

と歌って、西洋人進出の犠牲となって殺された人々を悲しんだのでした。

清輝(せいき:清らかな光)

・・・続く。

 

 

前々から是非御紹介したいと考えていた歴史上の人物に橋本景岳(けいがく)という江戸幕末期の俊秀がいます。

橋本景岳 福井市立郷土歴史博物館蔵(島田墨仙作)

当ブログの「教科書に載らない歴史上の人物」シリーズは、有難いことに興味のある方々に読んで頂いている様です。「教科書に載らない歴史上の人物24支倉常長」(http://rashinjyuku.com/?s=教科書に載らない歴史上の人物)を掲載したのが2017年8月27日ですから、久しぶりの掲載記事となります。たびたび引用させていただいている「少年日本史」(平泉澄著 皇學館大学出版部)p.604からの引用です。

安政の大獄に犠牲になった人々、いずれも惜しむべきであります中に、最も惜しい人物が二人あります。それは過去幾百年の間に、會(か)って現れなかった偉大なる人物であり、それより今日に至る百数十年の中にも、まだこれだけの人物は出ていないからであります。

二人とは誰か。

一人は橋本景岳(通稱(つうしょう)左内)、一人は吉田松陰(通稱 寅次郎)、これであります。景岳は安政六年(西暦一八五九年)十月七日殺された時、二十六歳でした。松陰は少し遅れて十月二十七日に斬られましたが、年齢は三十歳でありました。かように若かったのでありますが、その人物識見は抜群であって、眞に天才と云うべきであり、その教えは没後に於いて明治の御代の指針となって来たのでありますから、その概略をお話ししましょう。

・・・平泉澄先生の名調子。これを読むであろう少年達に、湧く湧くする様な期待感を持たせる文章です。

橋本景岳は、天保五年に福井に生まれました。十二歳の時に、藩の儒者吉田東篁(とうこう)に就いて学びましたが、東篁は、山﨑闇斎(やまざきあんさい)、淺見絅斎(あさみけいさい)の系統を受けて、國體(こくたい)の尊嚴(そんげん)を説きましたので、その教えによって愛國の至誠と、慷慨(こうがい)の氣魄(きはく)とは、自然長養せられたと見え、十二歳の少年ながら、深く宋の岳飛(がくひ 注1)の人となりを慕い、自ら景岳という號(ごう:呼び名)をつけました(景は慕うという意味です)。

注1)岳飛=(1103〜1141)支那南宋の武将。一兵卒より湖北一帯を領する軍閥となる。金への抗戦を主張し、和議派の宰相秦檜(しんかい)の讒言により獄死。岳王廟に祀られ民族的英雄として尊崇される。

やがて十五歳の時に、「啓發録(けいはつろく)」を著しました。

それは、

(一)稚心(ちしん)を去る

(二)振氣(しんき)

(三)立志(りっし)

(四)勉學(べんがく)

(五)交友を撰(えら)ぶ

以上五つの綱目(こうもく:物事の大綱と細目)を立てて、少年學に入る心得を書きつらねたものでありますが、進んで他人に示そうとするものでは無く、むしろ自分の志(こころざし)を勵(はげ)ましたものであります。それ故にこれを祕藏(ひぞう)して置きましたが、十年たって安政四年に之を發見した時には、景岳自身も當時(とうじ)の奮勵(ふんれい)、却(かえ)って今日の及ぶ所では無い事を思い、「嗚呼(ああ)十年前すでに彼(か)の如く、而(しか)して今日此(かく)の如し、即(すなは)ち今より十年の後、それはた如何ぞや」と歎(なげ)き、同門の學友は之を見て、「一語半句(いちごはんく)も忠孝節義(ちゅうこうせつぎ)の言に非ざるはなく、感憤激勵(かんぷんげきれい)の氣、勃勃(ぼつぼつ)として其の間に流溢(りゅういつ)し、人をして悚然興起(しょうぜんこうき)せしむ」と感歎(かんたん)したのでありました。

今その「稚心(ちしん)を去る」の條(じょう)より少しく書き抜きましょう。

稚心とは、おさな心と云う事にて、俗にいふわらべしきこと也。(中略)十三、四にも成り、學問に志し候上(そうろううえ)にて、此の心、毛ほどにても殘りこれある時は、何事も上達致さず、迚(とて)も天下の大豪傑と成ることは叶わぬ物にて候(そうろう)。

 

此の啓發録を著した翌年、十六歳にして大阪へ出て、緒方洪庵の門に入り、三年間、蘭學及び西洋醫學を學びました。それは橋本家が藩醫(はんい)であったからであります。ここで西洋醫學も學びましたが、それよりも重大なのは、オランダ語の書物を自由に讀(よ)む力を得て、西洋の歴史、地理、政治、経済、化學、兵學等、あらゆる部門にわたり、西洋の文明に觸(ふ)れ、之を吸収し得た事であります。

やがて十八歳の冬、父の病氣によって家に歸(かえ)り、翌年父が亡くなったので、後をついで藩醫となりましたが、二十一歳江戸へ出て杉田成卿(せいけい)の門に學びました。

大阪の緒方、江戸の杉田は、當時(とうじ)蘭學界最高の権威であったのです。此の江戸留學二年あまりの間に、天下の名士に會ってその精神をみがく事が出来ましたが、景岳が特に敬服したのは、水戸の藤田東湖(とうこ)でありました。景岳は實(じつ)に此の東湖を通じて水戸學の感化影響を受けたのです。

・・・現在の日本では考えられないほど、己の持つ力を何に活かすべきかを真剣に追求した先人が数多(あまた)存在するのが本来の日本です。道を求める人に、啓発する何かを与え得る思想家が、現在の日本にはどれ程存在するのでしょうか。

安政二年二十二歳の時に、福井藩は景岳の職分を、醫員より轉(てん)じて、政治に當らしめる事としましたが、それはやがて此の人に大事を擔當(たんとう)させる爲(ため)でありました。安政三年四月、藩は景岳を抜擢(ばってき)しようとして歸國(きこく)を命じました。これに對して景岳の答えた所は、要領をまとめますと、次の通りです。

國是(こくぜ)決定の爲に歸れとの御命令でありますが、「元來(がんらい)皇國(こうこく)は、異邦と違い、革命と申す亂習惡風(らんしゅうあくふう)これ無き事故(ことゆえ)」今日といえども、神武天皇の御遺訓(ごいくん)を守る外はありません。その御遺訓は、「人、忠義を重んじ、士、武道を尚(たっと)ぶ」此の二箇絛(にかじょう)、皇國の皇國たる所」であって、之を支那や西洋に比較するに、優劣は雲泥の相違であります。決して支那を慕うに及ばず、オランダを真似る必要もありません。もし此の大方針御確定の上、その實現(じつげん)の爲に御つかい下さるのであれば、卽日出發歸藩(そくじつしゅっぱつきはん)いたしますが、根本がきまらず、議論で日を暮らし、あとは嘆息している程度でありますならば、私だけは御はぶき下されたい。

是が二十三歳の青年、抜擢の内命を受けた際の返答でありました。藩當局は之を諒承し、景岳を主任として、教育の改革を斷行させました。越前では、水戸の學校弘道館を模範として、明道館を創立しましたが、景岳によって西洋の學問を取り入れた事が、明道館の特色となっています。

 

・・・現在の福井県、旧越前藩の教育にかける熱の一端が残っているので、全国の学力テストの上位県となっているのでは、と思います。義務教育の小・中学校での教育は、江戸期からの藩校の流れがある地域では、熱心です。戦後の悪しき日本語、歴史教育が蔓延した結果、国語力や読解力の低下が起きていると痛感します。

・・・続く

 

受験後の穏やかな日々が続いているときに、旧暦のお正月前に隣国Chinaからおどろおどろしいコロナウィルス蔓延のニュースが伝えられ、日本にも感染者が出て大変な状況になっています。塾生のご家族にも筆者から注意を喚起するお知らせをいたしています。

日本人は一般的に、最悪のケースを想定して準備をするという習い性を持つ方が比較的少ないように思いますが、子供さんを持つご家庭は「万一」の際の対応を常々考えておく必要があります。

さて、小学校受験を子供さんと共に経た親御さんは、その後の子供さんの成長にどのような配慮をなさっているでしょうか。

一般的には、これまで頑張ってきたから子供さんにゆっくりさせてあげたいし、親御さん自身もひと段落なのでゆっくりしたい、というのが実情と思います。無論、受験準備に相当力を注いで来たような場合は、そう考えることに理解は出来ます。

しかし、少し視点を変えると、折角「学び」の習慣が付いてきている訳ですから、それを活かさない手はないと言えます。

つまり、受験準備の内容と質が、単に受験し合格する為だけのものか否かです。

受験する訳ですから、合格を目指すのは当然ですが、合格の先にある小学校入学後の「学び」にsmooth(スムーズ)に繋げていくことが肝要です。

例えば、机に座る、話を良く聞く、質問に応える、指示に従って行動する、等々は、小学校に進学してからも、必要最低限できて当然のことです。

当塾では、小学校受験を経た塾生には、具体的に日々為すことがありますので、二時間しっかりと学び続けていきます。

posted by at 15:09  |  塾長blog

謹賀新年 

令和二年庚子(かのえ・ね)元旦 

干支(えと)の十二支勢揃い 中心が本年の子

長崎大学教育学部附属小学校受験まであと僅か。新暦でのお正月を迎え、氣持ちも新たに羅針塾学習塾・幼児教室では、正月特訓中です。幸い、温かな新春の日差しの中で、元氣に御挨拶から始まります。

防府天満宮の臥牛(レプリカ) 牛は天神さまのお使いとされ、臥牛が天神さまの鎮まる場所を表すシンボルとなっています。

塾生の中には、帰宅する際に必ず上掲の臥牛の頭を撫ぜていくものもあり、学問の神様菅原道眞公に肖(あやか)ろうと言う塾生の素直な氣持ちの表れといえます。

因みに、学問の神様菅原道眞公は全国的には、終焉(しゅうえん)の地である福岡県太宰府市の天満宮や京都市の北野天満宮が有名ですが、日本最初の天神様は山口県防府市の防府天満宮です。

防府天満宮http://www.hofutenmangu.or.jp/nenkan.htmlnのサイトから引用してご紹介します。

防府天満宮の御祭神は菅原道眞公。

平安の古、菅原家は学者の家として栄えておられました。その家柄の中で道真公は菅原是善の子として、承和12年(845)6月25日にお誕生になり、幼名を「阿呼」(あこ)と申されました。幼少より学問に優れ、僅か5歳の時、庭に咲いている梅を愛でられ、

「美しや紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある」

とお詠みになりました。

その後、18歳で文章生、33歳で文章博士になられ学識を高めていかれる一方で、誠実な政治感覚により時の帝の信任も篤く、高位高官へ昇られ、55歳の時に右大臣に任じられました。しかし時の権力者である藤原氏による讒言により無実の罪を着せられ、昌泰4年(901)1月25日、九州大宰府へ左遷されることになりました。その際御自宅の紅梅殿の庭にて

「東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」

と和歌を詠まれて、永く親しまれた梅の花に別れをお告げになりました。

左遷より2年の月日が経った延喜3年(903)2月25日大宰府にて無念の思いのまま薨去されました。そこで亡骸を牛車にお乗せし引かせたところ牛が伏せて動かなくなりました。人々は「きっとここに葬って欲しい」という道真公のお気持ちの表れであると思い、その地(今の太宰府天満宮)に葬りました。

薨去後、都では天変地異が続き左遷に関わった者達が次々に亡くなりました。人々は道真公の怨霊の仕業に違いないと畏れ、御霊魂をお慰めするため京都の地(今の北野天満宮)に神としてお祀りしました。
道真公と梅と牛にまつわる伝承は数多くあり、そのことから全国の天満宮では境内に梅が咲き誇り、牛は天神さまのお使いとされ、臥牛が天神さまの鎮まる場所を表すシンボルとなっています。

日本最初の天神様と銘記されているのが下掲の写真です。

銘は「扶桑菅廟最初」とあります(筆者撮影)。

防府天満宮は日本で最初に創建された天神さまです。

道真公は、九州大宰府への西下の途中、時の周防国(山口県)国司である土師氏(道真公と同族)を頼り、本州最後の寄港地となる防府の勝間の浦に御着船になり、「此地未だ帝土を離れず願わくは居をこの所に占めむ」(解釈:この港を出発すれば次はいよいよ九州であるが、この防府の地は天皇のいらっしゃる京の都とまだ地続きである。願わくはここ松崎の地に住まいを構え「無実の知らせ」を待っていたい。) と願い九州へと旅立たれました。

大宰府にて薨去されたちょうどその日、防府勝間の浦に神光が現れ、酒垂山(現・天神山)に瑞雲が棚引き人々を驚かせました。国司を始め里人たちは道真公の御霊魂が光となり雲となって「此地」に帰ってこられたと悟り、翌年の延喜4年(904)道真公の願われた通り、御霊魂の「居」を「この所」である松崎の地に建立して「松崎の社」と号しました。

道真公をお祀りした神社は全国に約1万2千社ありますが、当宮創建をもって「扶桑菅廟最初」日本で最初に創建された天神さまと称しています。

 

・・・就学前とはいえ、言葉の豊富な子供さんは、理解する力がありますから、指示行動も過たずに出来ます。そうでない場合は、本人も親御さんも一苦労も二苦労もすることになります。語彙力の差は、本試験の際に応用力となってあらわれます。

posted by at 14:39  |  国語力について, 塾長blog
さらに記事を表示する

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP