最後まで考え抜く癖をつける

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室 羅針塾学習塾です。
http://rashinjyuku.com/wp

「国語力をつけるにはどうすれば良いですか。」と質問があります。
国語力がつきだす時、一人一人が良く考えるようになります。
よく考えるようになってくると顔つきが変わってきます。
賢い子へ大変身!となっていきます。

「考える」一番大事なこと

自分自身の意志・意思を考える。
どのように伝えるべきか。
どのように相手に理解してもらえるか。
自分自身が考えていること
自分自身の感情
自分自身の行動
全てを正確に「言葉」として伝えることが大事です。

どうしたらいい。
なぜだろう。
どうやって。
なぜなら。
自分の「思い」を伝える時
大事な言葉達。言葉の力。
考える力を身につけさせるためにも
沢山の言葉を知り、使いこなせなければいけません。

「ハキハキ!元気!賢い子」

最後まで考え抜く力をつけさせる
根気の要ることだと思います。
しかし、得意なことから取り組むとどうでしょうか。
「何か」を取り組むためにきっかけをつくっては如何でしょうか。
幼児さん達が羅針塾学習塾に通塾するときに
必ず、私達がお話しすること
通塾は「遊び」ではなく「学び」だから
御両親が必ず「学ぶ」ことについて
お子様にお話をして下さい。と伝えます。
「学ぼう!」と思った時
最後まで、どんなことでもしっかりと考えだし取り組みます。

小学生からは、塾生一人一人に
「学ぶ」ことについて話をします。
生活スタイル、今のポジション
塾生の思いを聴きながら。
納得すると根気強く深く考えるようになります。
考え抜く力が賢さに磨きをかけていきます。

一人一人にキラッとしたものがあります。
そのキラッと光り輝かせるために。
隠れてしまわないように。
未来の可能性のために「今」考える力を
つけていくべきだと思います。

考えることが賢さに結びついていくと考えます。

「祖母の庭に咲いていた紫陽花の花です。」と男の子の塾生さんから頂きました。
嬉しいなあ〜ありがとうございます。
梅雨の時期に綺麗な色を奏でる紫陽花。大好きな花の一つです。

posted by at 16:56  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP