幼児期に何を学ぶのか

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室 羅針塾学習塾です。
http://rashinjyuku.com/wp

「小学校準備をしておかないといけないので・・
通塾したいのですが、全て羅針塾学習塾にお任せできますよね。」

できますが・・・毎日通塾できますか?

「学び」は毎日するものだと思います。
読んだり、聞いたり、書いたり、作ったり
考えたりと。
日々、何かに取り組む事が大事です。
羅針塾学習塾に通う塾生さん達は
通塾がない日でも何かを取り組んでいる。

お迎えのおばあちゃまが
「通塾を毎週すると、家で何をすればいいか
よく見えてきますね。親子で毎日一所懸命取り組んでいます。」と
教えて下さいました。

幼児期に学ぶことはたくさんあります。
手先を使い、たくさんの物を観て感じ
自分の思いをしっかりと伝え
しっかり読んでしっかりと書きと
興味を示すこととともに
色々な世界をみせてあげる事が大事です。

しかし、それはただ連れて行けばいい。
習わせればいい。
通わせとけば出来る。とは異なります。

「ハキハキ!元気!賢い子」

「学ぶ」ということはお母様にも
気合いが必要です。
日々、一日も怠らずに続ける事が大事。
幼児期に何を学ばせるのか?
ただ、就学前だから取り組むのではなく
「人」としての人格形成を行うのが
幼児期の学び。
毎日が賢くなるチャンス!
とっても大事な時期の学びなのです。

福岡のお土産をいただきました。冷やして美味しそう!
お忙しい中ありがとうございました。感謝申し上げます。

posted by at 18:51  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP