羅針塾学習塾が考える就学までに何をするべきか

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室 羅針塾学習塾です。
http://rashinjyuku.com/wp

長崎大学教育学部附属小学校に通わせているお母様からのお話
「授業公開の時期なので、一年生の授業を何度か参観に行き
つくづく感じました。羅針塾学習塾に通塾させていなかったら
あの授業にはついていけないと感じました。
教科書の進度と宿題でやっていることと
授業の内容が全く異なります。
ボーッとしていたら取り残されますね。
公立小学校の一年生とも全く異なります。
羅針塾学習塾の先生方が入学してからも気を抜かずにと
言われた意味がよくわかりました。」

幼児期からの通塾の積み重ね。
合格後、入学まで、入学してからの積み重ね。
毎回、一所懸命に通塾してコツコツ頑張っているから
今の授業で元気よく「はいっ!」と手を挙げて発表できます。
私達にも一日の授業の流れを詳細に教えてくれます。
ノートの取り方も完璧です。
丁寧に磨かれ鍛えられた塾生さん達はしっかりと授業についていき
トップクラスになっていきます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

幼児期から就学時までの学びはとても大事で
その後、机に向かうこと。集中して勉強すること。
理解力・応用力の深さに繋がっていきます。
ただ、ただ、問題を解くのではなく
「言葉」「言葉」の使い方や意味を考えて。
しっかりと聞き考えることができるように
取り組ませていきます。
諦めずに辛抱強く取り組む。
好き嫌いを言わない。
勉強にはとても大事なことです。
この訓練は幼児期だからこそできると考えています。

一つ一つの積み重ねが賢い子に
なっていきます。

雨が続く毎日。こんな時は折り紙や工作で手を使って遊ぶことが大事です。

posted by at 17:27  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP