小学校英語 羅針塾学習塾での学び

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室 羅針塾学習塾です。
http://rashinjyuku.com/wp

見切り発車のような小学校英語の授業が本格的に始まり
一学期が終わろうとしています。
羅針塾学習塾では少し様子を観ていました。
しかし、夏期講習ではしっかりとカリキュラムを組んで
幼児期から取り組ませていきたいと考えています。

文部科学省が小学校英語について指針を出していますが
長崎市(長崎県でも他市、郡部によって取り組みが異なります。)では
通知表評価をしない。とりあえずの取り組みで。のような形になっていることは
みなさんご存知の通り。
さあ、他と比べるとどうでしょうね。
最終的には大学入試時に全国の子と勝負をするのです。
一番の導入期を甘く緩々でいいのか?と考えます。

「英語」『英語』と言っていますが
羅針塾学習塾の一番大事にしていることは
「国語力」
しっかりと日本語ができないと・・・と考えています。
一方で言語の学びなので
基本基礎をすれば「英語」は簡単な学びなんだ!ということにも
気づいてもらえたら。と思っています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

今の学校授業だと楽しい!楽しい!です。
しかし、中学校2年生途中までの範囲を
小学校卒業までに終わったことになっています。
文法も単語も。
中学校はその先の学びしかなく
もう一度、一からの学びはない。というのを
しっかりと肝に命じていてほしいと思っています。
何事も丁寧で正確な学びと理解しかありません。
本物の「英語が好き!」
「英語が得意!」となるために
しっかりと四技能を身につける正しい学びが
必要となります。
羅針塾学習塾では英語が得意!という
賢い塾生さん達をたくさん育てていきたいと
考えております。

posted by at 18:40  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP