羅針塾学習塾の自分自身でやり抜く力

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室 羅針塾学習塾です。
http://rashinjyuku.com/wp

国語の読解や算数の文章問題・応用問題
幼児さんの考える問題
どの塾生も「壁」にあたってしまうと
ウーウー言っています。

時期を観てヒントをだしていきますが
基本は自分自身で考える。
授業で学んだこと
しっかりと読み込んだこと
書き込んだり、図式にしたり
手作業を行ったりと
自分自身の考えを何かの形に表していきます。
しかし自分で形にするまでは諦めたり、気がそれたり
手混ぜをしたり、ボーッとしたりと
どの塾生にも紆余曲折があります。

通塾しだした時は誰しも
「答え」を教えてもらおうと待っています。
私たちは「答え」を待っている。
持久戦です。
考える力は、考えなきゃと思わないと
頭に入っていきません。
「考える」のやり方は教えても
「答え」は簡単に教えない。
自分自身でやり抜く力は
自分自身で身につけないといけません。

「ハキハキ!元気!賢い子」

悔しくて泣いたり、
出来なくて時間がかかったりと
塾生にとっては長い時間を過ごす時があります。
同じ二時間なのですが。
「辛抱、辛抱」幼児さんのお母様が常に
言ってくださいます。
本当に辛抱、辛抱なのです。
泣いても答えは出ません。
遊んでも諦めても答えは出ないのです。
何度も読み込む
意味を調べこむ
何度も何度も基本に戻りながら
粘り強く、辛抱強く取り組みます。
賢い子はそこから生まれてきます。

今年も唐辛子が出来ました。

posted by at 19:10  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP