親も一緒になって楽しむ教育

0 歳から始める脳内開発」(石井勲先生著書)という表題は、平成9(1997)年出版当時、流行した言葉ですが、いつの時代も変わらない日本人の子供さんをよりよく育てたいという教育熱を表しています。

食べるのに汲々としていた時代は、親が子供さんと共に学んだり、家庭教育に関わることはなかなか出来ません。現在では、年間の祝祭日など暦の上での休日が増え、職場や学校での週休2日などで、親御さんが子供さんと接する機会が増えています。

その意味では、親も一緒になって楽しむ教育という観点からみると様々なヒントが有りそうです。

石井勲先生著作「0歳から始める脳内開発ー石井式漢字教育」の「プロローグ 「まえがき」にかえて」に、「親も一緒になって楽しむことこそ真の教育」という項目があります。引用してご紹介します。

親も一緒になって楽しむことこそ真の教育

 詰め込み式に漢字を学習させられた私たち大人にとって、漢字には いいイメージがありません。漢字の書き取り試験のための勉強は苦痛 でした。大人になって試験から解放されて初めて、漢字は楽しいという ことに気づく人も多いと思います。

 ある出版社の編集者に聞いたのですが、ビジネスマン向けに漢字の 本を出版したら 10 万部をこえるベストセラーになったそうです。また、こ の出版社では、やはりビジネスマン向けに『数学がわかる本』とか『数学 オンチのための微分と積分』という本を出したら、これも 10 万部を超え る売れ行きだそうです。

漢字も数学も試験があるから嫌いになってしまうのです。しかし、本 当は漢字や数学の面白さを知っているのです。ですから大人になって、 ちょっとややこしい漢字や面白い漢字に出会うと新鮮に感じられるので す。微分や積分の本が売れるのも同じ理由でしょう。今さら微分や積分 を知ったからといって、仕事には何の役にも立ちません。昇格試験に 出題されるわけでもありません。でも微分や積分の面白さはわかって いるのです。

現在の小学校で行われている漢字教育では、漢字を好きになること はできません。100 人の子どもに聞けば、ほとんどが嫌いだと言います。 たぶん好きだと言う子どもはいないでしょう。原因は一つです。漢字を 書かせているからです。書くことにエネルギーをとられてしまい、漢字が読めることの楽しみを実感できないから好きになれないのです。 テレビで育った世代のお父さんやお母さんは、自分たちもあまり本を 読まないから、漢字は不得手だという方も多いでしょう。生活の中でこ れだけ漢字に囲まれていますから、多少の漢字コンプレックスもあるの ではないでしょうか。そんなときに、自分も子どもと一緒になって漢字教育を始めるのは楽しいことです。

この本の後半に出てきますが、漢字の成り立ちを知ること、“かんむり”や“へん”の持つ意味を知って漢字を見ると、面白くなってきます。親も興味を持って漢字と接し、その気持ちを子どもに伝えながら一緒に 学習して行くと、子どもの漢字への興味もわいてきます。自分でその喜 びを知ろうとします。文字の形を見て推理する能力も養われてくるので す。

 漢字を覚えて読書の喜びを知った子どもは、自分で解決しようとする 能力や自主性が育っていくのです。自分で考えるよいトレーニングにも なります。そのためには漢字は早くから読めたほうがいいのです。

私はこの本を通じて、親と子が一緒になって楽しく漢字を学んで欲し いと思っています。

漢字は読むものであり、遊びであると思えば、今までの漢字に対す るイメージがまったく違うものになってくるのではないでしょうか。

・・・多くの親御さん達は、ご自分の子供の頃を思い出すと、同じ漢字を漢字練習帳に繰り返し書く様に指導されてきています。筆者も、親の忠告をきかず日中は遊び呆けてしまい、寝る頃になって思い出し、学校の漢字の宿題を泣きながらしていた遠い記憶があります。当然、書き順などは等閑視。漢字熟語の意味合いなど考えもせずに、帳面(ノート)の頁(ページ)を埋めることだけに集中していました。

今振り返ると、それも決して無駄では無いのですが、石井先生が言われる様に、その労力を楽しい読書に振り向けていれば、より楽しい小学生時代であったろうと思います。

現在でも、小学生の塾生全員に学校からの宿題を問うと、「漢字〇〇ページです」と答えが返ってきます。もう少し学校の先生方に漢字の宿題の出し方を工夫して欲しいものですが、おそらく先生ご自身の経験を基にして、十年一日の如く宿題を出し続けているのでしょう。

当塾では、子供さんの理解力や習熟度に応じて、国語辞典や漢字辞典を活用しつつ、工夫しながら漢字や熟語の語彙を増やしていきたいと考えています。

posted by at 10:00  |  国語力について, 塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP