国語力で得るもの

幼児期からの国語力のための丁寧な学びは大事。
明日の「漢字検定」
準備での学びで再度実感しました。
塾生さん達は一所懸命最後の追い込みです。
一つ一つの漢字から国語力をつける。
顕著に成績に反映されています。

読むこと、書くこと、その言葉の使い方
丁寧に学ぶことによって
塾生一人一人の力がグングンとついています。

年中さんが小学一年生の試験を
小学校一年生が小学校三年生の検定に臨みます。
ほとんどの塾生さん達が先取りの学びを
しっかりと理解して!です。

「ハキハキ!元気!賢い子」
国語力のある子供達は
的確に自分自身の伝えるべきことを
質問に対し簡潔に論理的にお話ししてくれます。
5w1hの話し方が自然と身についていくのです。
羅針塾の学びはその時の成績がいい!ではなく
受験に合格すればいい!でもない。
一人一人がキラッと輝く本物の力をつける
学びを取り組ませていきたい。
日々考え、塾生さん達に向き合っています。

家族旅行のお土産です。
「幼いから連れ回しただけのようが気がして…」
大丈夫ですよ。楽しかったことを沢山お話ししてくれました。
しっかりと記憶に残っています。
ただのイベントではない家族旅行は一生の宝物です。

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP