聞き取ることの大切さ

週末の通塾生に行った「学年を超えたバトル!」
国語力を高めるための学びを行いました。
この中には、聞き取ることの大切さ、
時間内の集中力、
確実な理解力、作業能力、的確な判断力などを
先生達は見極めていました。

結果は幼児期から御縁ある小学一年生がトップ!
「なるほどね〜」と納得です。
思い込みや何となくではなく
先生達が話しているときにしっかりと聞き逃さないように
耳を傾けます。
「質問は?」と聞かれた時に
何が分からないかを的確に質問。
「はじめ!」とスタートしたら
「お兄ちゃん、お姉ちゃんには負けないよ!」と
誰よりも集中です。

いろんなタイプの塾生がいるので
これが一番!とは言えません。
ただ、トップで勝ち残っていく資質は
今回の一番は充分にあります。

「ハキハキ!元気!賢い子」

何処でスイッチが入り、何処で花が開くかは分かりません。
それまでは保護者の方々の辛抱が必要です。
先生達はそこを見極めて一人一人に
必要な学びを取り組ませていきます。
けれども常々、先生達が
「幼児期の学びがとても大事。ここでの学びは
トップになるための学びの基礎を
しっかり磨いています。」とお話しする結果が
しっかりと現れています。
幼児期の丁寧に確実な学びは
その後、就学してから学ぶ力の基本基礎。
しっかりと観て聴いて、じっくりと考える
的確な判断を行う。
要点をまとめてハキハキ!と話し書く。
これから、世界に向かって可能性を広げるための
賢い子の学びなのです。

塾生さんに聞きました。
これはなあに?
何だろ〜 知らんし。って。
お母様に聴いて観てくださいね。

posted by at 19:07  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP