物の見方を身につける

様々な形、長さ、色
植物や食べ物・・・・
私達は沢山の物に囲まれています。
では、どれくらいの名前を知っているでしょう。
どんな形があるか理解してるでしょうか。

今まで、沢山の子供達とご縁をしてきました。
その中で・・・・
物の形をよく理解している子
多方面から物をみる子は
よく手を使い遊び、自分自身で作り出し
外で身体をよく使って遊び
小さな物にも興味を持ち観察している子達です。

また、良く物の名前を知り
物と物との関係性を理解できる子は
やはり、良く手を使い 沢山の種類の沢山の本を熟読し
様々なものに疑問を持ち聞いたり調べたりする子達です。

テレビ、インターネットだけ、またながら遊びや
おもちゃのみの遊び、指示されるだけの遊びだと
創意や工夫が生まれないと考えます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

幼児期からお預かりする塾生さん達には
特に氣がけて「物の見方」「物を知ること」を
指導していきます。
ひとつの学びから無限大に可能性は広がっていきます。
言葉を学ぶこと、立体的に物を見ること。
一つ一つが幼児期からの遊びの中にある
大切な学びだと考えています。

小学生が幼児さんに積み木の使い方を教えていました。
小学生は立体的に考えて様々な形に積み上げていきます。

 

posted by at 14:01  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP