しっかりと読む

一字一句間違えずに、しっかりと読む。
とても大事なことだと考えます。

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」

の中にも書いてありましたね。
本当にそうなんです。

とても、とても適当な読み方をする
塾生さん多し。
多分、自宅で本を読んでいても
「てにをは」がいい加減でも
意味がなんとなく繋がるからいいやあ。と
流しているお母様、お父様も多いはず。

これでは賢い子になりません。
「てにをは」一つで意味は変わります。
ただ読むだけだと
いつまで経っても読むことが下手なままだし
いつまで経っても賢くならない。
そんな中に英語が学校に入ってきて
語学の学びが二つになるのだから
ぐちゃぐちゃになってしまいますね。

「ハキハキ!元気!賢い子」

しっかりと読むことは
しっかりと道筋をみて考えることにつながります。
これは、どうなるのか。
その先どのようにすればいいか。
一つ一つの読みを大事にする。
そして、意味を理解し正しく使う。
賢い子に育てるために
大事なことだと思います。

posted by at 14:37  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP