英語教育の小中接続

長崎市五島町にある羅針塾 学習塾・幼児教室には、幼児教育や英語教育に関するお問い合わせがあります。
マスメディアやネット情報では英語のnative教育を煽る情報が溢れていることもあり、多くの人は早く英語に慣れることが英語の力を上げることになると思い込まれている節があります。

しかしながら、お遊び的な英会話を何年続けても全く英語の力がつかないことは、英語力のある人ほどご存知です。

つまり、例えば日本人であれば身につけるべき母国語である国語力を例にとってみましょう。

生まれてから常に日本の言葉に囲まれて育つ赤ちゃんの時から始まって徐々に日常会話ができるようになり、親子や兄弟ではコミュニケーションができていても、幼稚園や小学校などの就学年齢に達した時に、同輩や年配の人、また先生方とのしっかりした意思の疎通(コミュニケーション)ができる子供さんがどれほどいるでしょうか。
また、会話だけでなく文書を読んで理解し、必要に応じて自らの意見を(ひらがなやカタカナであっても)文書にすることができるような子供さんはどれくらいいるでしょうか。

そのように、我が子のみならず、周りの子供さんたちを見たときに、如何に日本語の読み書きができていないかを実感できるはずです。

そうであれば、母国語である国語をしっかり身につける前に、外国語である英語を早々と学ぶことの愚を多くの日本人は等閑視しています。

それに関する得心させるような記事があります。

「小6の約3割が英語嫌いに」産経新聞(2017.5.22 )
http://www.sankei.com/life/news/170522/lif1705220026-n1.html

  2011(平成23)年度から小学校の高学年に「外国語活動」(英語教育)を導入した現行学習指導要領は、実施から6年がたちました。
これについて国立教育政策研究所は、6年間の「外国語活動」の成果や課題を調べた調査の結果をまとめました。

英語によるコミュニケーション能力の向上など大きな変化が見られる一方、小6の約3割が「英語嫌い」になっている他、中学校の英語教育との接続にも問題があることがわかりました。

 しかし、英語に関する授業の好き・嫌いを尋ねたところ、小5の15.6%が「どちらかといえばきらい」、4.0%が「きらい」と回答。さらに小6では「どちらかといえばきらい」が20.5%、「きらい」が6.3%と増えています。
合計すると、小6の約3割が英語の授業に苦手意識を持っていることになります。
逆に言えば、残り約7割の児童は英語の授業が好きだとも言えますが、中学校で英語を教科として学ぶ前に、既に3割近くの子どもが「英語の授業が嫌い」になっているというのは大きな問題だと言えるでしょう。

 2020(平成32)年度から全面実施される次期学習指導要領では、小学校高学年で英語が教科となる予定ですが、場合によってはさらに「英語嫌い」が増えることも懸念されそうです。

これでは、文科省のお役人が意図する結果とは程遠いことになります。

更に、

 一方、中学生は「小学校の英語の授業でもっと学習しておきたかった」こととして、「英単語を書くこと」83.7%、「英語の文を書くこと」80.9%、「英単語を読むこと」80.1%などを挙げています。
さらに「小学校の英語の授業で学んだことの中で、中学校の授業で役立ったこと」では、「アルファベットを読むこと」88.8%、「アルファベットを書くこと」83.9%と回答しており、小学校のうちに英語の「読む・書く」を教えておいてほしかったと思っているようです。
これについて同研究所は「外国語活動において音声中心で学んだことが中学校でうまく生かされていない」と指摘しています。

国公立、私立を問わず、小学校課程で英語の授業を受けているにもかかわらず、念の為に英語の教科書について筆者が質問すると、全くシドロモドロになってしまいます。
最低でも週に一回は授業を受けているにもかかわらず、「読めない、書けない、意味がわからない」という現状です。

そのような現状をほとんどの親御さんがご存知ありません。

読み、理解し、書くことができないレベルの国語力で、英語を学ぶことの弊害に世の人々が早く氣付かない限りは、「英語嫌い」の子供達が増えていくことになりそうです。

小学校の親しむための楽しい英語では、読めない、書けない、文章を作れない、という現実に教育者も父兄も氣付かなければなりません。

当塾では、
英語の授業がある以上は、「読み、書き、作文」が英語でできなければならないと考えます。

英語力は国語力の裏付けがあってこそ伸ばすことができます。

posted by at 16:40  |  塾長blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP