数字の概念を大切にする

1000以上の数を学ぶ時
できる子とできない子の差がよく分かります。
お手伝いをしているかどうか。
大きな数の想像はお使いが一番。
しかし、今のご時世中々体験させるのは難しい・・・

一緒にお買い物に行った時に
お使いのシュミレーションをして下さい。と
お母様にお願いしています。
速い子は一回のシュミレーションで理解ができます。
こんな簡単な学び方はありません。

算数が苦手という子は
数字の概念がよくわかっていません。
大きい、小さいとか桁とか。
何となあくです。機械的に。
けれどもお使いをしたり、
自宅でお金を見て肌で感じたりと
体験がある子は何も言わなくても理解していきます。

数字の概念の基本基礎は家庭生活の中にあります。
紙の中でなく生活の中で実体験をする。
とても大事なことだと思います。

「ハキハキ!元気!賢い子」

お手伝いが上手な子は利発な子が多い。
しっかりと順序立てて物事を進めていきます。
これは学びの中に反映されていきます。
家庭の中で役割を持つこと。
子供を賢くする為にとても大事なことだと考えます。

武漢ウイルスで鬱々とした日々。
久しぶりに懐かしい絵本を発見!楽しく読みました。
楽しいっ。を見つける事は新しい発見にもつながります。

posted by at 22:18  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP