何故?なのかを考える子に

塾生さん達を観ていると
感!で解いている子が多いなと実感。

国語力がない子
今日、キツイ子
めんどくさい子・・・etc

とりあえず感で解きます。

「勘」ではないのです。
感覚の「感」です。だから何となく。
とりあえず。

これを続ける子は
理解できていないな。と実感しています。
どんなにキツくても
どんなにめんどくさくても
丁寧に、集中し、一つ一つ解く子は
間違えません。
常に百点ペース。
学年は関係ありません。

低学年であっても、高学年でも
できる子は出来る。
日々の積み重ね。
日々の心掛け。
母親の気遣い力次第だと思っています。

「ハキハキ!元気!賢い子」

賢い子にさせたいです。
それには日々の細やかな配慮が必要です。
観て、聴いて、調べて、書いて、考えて
理解して、伝えて、自分の物にしていく。

何度も何度も同じ間違いでは、
あれ?っと。

この前失敗したよね。
今回は注意しよう。
幼児期からの訓練が大事です。

賢い子にする。
自分自身で学ぶ力を養う。
それは常に「何故?どうして」と
考え最善を見つけていくことが大事だと考えます。

 

 

posted by at 23:22  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP