えっ!その英語書けるでしょ。

長崎にある幼児教育・学習塾 羅針塾
小学生に中高校生英語を教えています。

幼児期から英会話教室に通っていた
塾生さんだったり
学校で習っていたりとするので
それなりに聞くことや話す事は
できます。

しかし、英文を読んで日本語に訳したり
日本語を英語に書いたりというのは
なかなかできません。

これが現在の教育の実態です。

ある保護者の方が
お迎えに来た時、塾生さんが
英語に取り組んでいました。
英文を書くことに
「う〜ん」と唸っていると

「それ、英会話教室で
散々話していたじゃない。」

そうなんです。
それが、書けない。
発音はわかるけど書けない。
日本語に訳せない。
英語教育の問題点が浮き出しになった
一コマです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

聞けば話せる。
話せば分かる。
英語を母国語にするならば
定着するでしょう。
しかし、母国語はあくまで日本語です。
日本に住む限りは。

外国に行けば中学校程度の
英語文法で日常会話は通じます。
慣れればレベルが上がるでしょう。

英語を学ぶのに
何を目的とするのか?
これが大事です。

幼児期から就学時まで
英語に力を入れていた子は
日本語が変??と
塾生さん達が話します。

難関校へ進学させたい
グローバルに育てたい
と考えるなら
母国語をしっかりと学び
しっかりと日本文化を
学ぶべきだと考えます。

聞いただけでは書けない。
これは
「あ・い・う・え・お」と
同じです。

しっかりと聞き
文字を認識し、追える様になり
スラスラと読める様になり
書けるようになって初めて
定着します。

英語も言語の学びです。
理解できる様なって
定着させていく。
大事です。

先走りし過ぎた学びが
日本語も英語も中途半端に
ならない様に。
賢く学び世界で活躍して
もらえたらと考えます。

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP