幼児教育は何歳から必要か

長崎市五島町にある学習塾・幼児教室
羅針塾学習塾です。

幼児教育って何歳から必要ですか。
問い合わせがよくあります。
何をどれ位すればいいか?って
情報が溢れる中悩むことも多いと思います。

本当はお腹の中にいる時から
始まっているんですよね。
いい空気、いい食べ物
いい音楽、言葉掛け。
それが生まれてきてからもだと
思います。
子供に関わる人が多く
美しい会話が溢れていると自然と
言葉・語彙力が上がっていきます。

読み聞かせや
なぜ?の興味好奇心に
深く関わらせる。
幼児期の
一つ一つの出会いが
賢くなるチャンスです。

勉強と捉える
読み書きそろばん(算数)は
興味を持ち出した時に
正しく、丁寧に、しっかりと
身につけさせるべきだと考えます。

どんな教材でも
与え方、取り組ませ方一つです。
雑に、理解がないまま単純にやるとこには
力がつきません。

幼児期は
挙措動作、言葉づかい
挨拶、食事の作法などなど
正しく身につけると一生のものになることばかり

そして、この時に
興味を持ち学び出すことは
賢さの原石が光り出す時です。
正しい学びをしっかりと!丁寧に。

「ハキハキ!元気!賢い子」
羅針塾学習塾の幼児教室では
国立幼稚園受験や
小学校受験ではなく
我が子を賢くしたい!と
通塾させてくださっている方も
多く、その後
この塾生さん達は
ご縁のある場所でトップになっていきます。

posted by at 16:38  |  学習塾 幼児教室blog

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP