教科書に載らない歴史上の人物 悪者編 2

教科書に載らない歴史上の人物 悪者編の続きです。

平泉澄著「少年日本史」(皇學館大学出版部)P.160〜からの引用でのご紹介。

 

姉の法均、元の名は廣虫(ひろむし)と云う。

弟の清麻呂と共に、早くから孝謙天皇にお仕えして、御信任をいただいて居ました。そして天皇が佛門に入られますと同時に、自分も出家して尼となり、名を法均と改めました。

天平寶字(てんぴょうほうじ)八年に、恵美押勝(えみのおしかつ)の亂があって、死刑に處せられる筈の者が三百七十五人ありました。法均は、固く天皇をお諫め申し上げ、これらの人々の死刑を減じて、流罪や禁固にしました。

その一亂終わった後に、飢(うえ)と病(やまい)とに苦しんで、棄子(すてご)をする者が澤山(たくさん)ありました。法均は、藪の中に棄てられている子供を拾い集めて、自分の養子にして育てました。それが八十三人あったといいます。

そういう人でしたから、重大な問題に就いて神意をうかがう大任を、天皇は法均に命じられたのでしょう。ところが何分女性の身で、九州まで参る事、容易で無く、これを弟に譲ったのです。この姉から見込まれて、代行を命ぜられたのですから、清麻呂の人となりも分かりましょう。

法均と和氣清麻呂(和氣神社HPより)http://wake-jinjya.com

 

宇佐へ向かって出發する時、道鏡から「一寸来る様に」と云われました。行って見ると、「首尾よく大任をはたしたならば、大臣にしてやるぞ」と云いました。その誘惑や強迫をしりぞけて、神勅をありのままに報告し、「我が國は開闢以来君臣の分定まれり、無道の者はこれを排除せよ」と云ったのは、実に偉いと云わねばなりません。道鏡は大いに腹を立て、大隅へ下る清麻呂を、途中で殺させようとしましたが、果たさなかったといいます。

清麻呂は大隅へ流された翌年の八月、稱徳(しょうとく)天皇おかくれになり、光仁(こうにん)天皇御位(みくらい)におつきになりました。天智(てんぢ)天皇の御子(みこ)施基皇子(しきのおうじ)の御子であります。その時には、國を憂うる重臣達が敏活に働いて、道鏡の動きを封じましたが、それには坂上苅田麻呂(さかのうえのかりたまろ)が、道鏡の陰謀を知って朝廷へ報告したのが、役に立った様です。

稱徳(しょうとく)天皇がおかくれになってより十七日後には、道鏡は下野國(しもつけのくに:栃木県)の薬師寺に追われ、同時に習宜阿曾麻呂(すきのあそまろ)は島守(しまのかみ)として多褹島(たねがしま)へ使わされました。そして其の翌日には、道鏡の弟であって、大納言を始め、いくつかの顕官要職を兼任していた弓削浄人(ゆげのきよひと)を、その子三人とともに、土佐の國(高知県)ヘ流され、又その翌日には道鏡の陰謀を探知して報告した坂上苅田麻呂に正四位下(しょうしいのげ)を授け、其の十三日後には和氣清麻呂を大隅より、その姉法均を備後より、呼び戻されました。

前(さき)には清寧(せいねい)天皇お隠れの後といい、また武烈天皇おかくれの時といい、皇子ましまさずして、皇室の危機と云って良い時でさえ、國體(こくたい)を乱そうとする者は出なかったのですが、その後、不幸にして蘇我氏の如き、また道鏡の如き、君臣の分をわきまえぬ不埒な者が現れましたのは、いずれも御信任に甘え、身の程を忘れて増長して来たからであります。その蘇我氏を排除せられたのは、てんじ天皇でありましたが、今度道鏡を退けられたのは、天智天皇の御孫(おんまご)光仁天皇でありました。

 

・・・結果として、弓削道鏡の悪巧みは、法均と和氣清麻呂姉弟をはじめ多くの人々の国を思う気持ち、天皇の尊厳を守ろうという気概によって、防ぐことが出来ました。

平泉澄著「少年日本史」は、少年・少女向けとは言え、旧漢字には読み易いようにルビが振られています。また、正しい言葉遣いや敬語の用い方など、現在の教科書では物足らない国語力が補える良書です。

posted by at 18:48  |  塾長ブログ

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP