自立した子へ

幼児教室・学習塾 羅針塾
新年度へ向けて一人一人の成長を楽しみにしています。

「自立した子に育てたい。」

面談時にお母様やご両親と子供の
関係を見てなるほど。と考える先生達。

母子分離から始まり
なんだか、大人しくしていないとね。
と思い。
公と私を分けられるようになる。

幼児さんでも小学生でもできている子は
少ないように思います。

自立するということは
無駄がないこと。
できているつもりでは
まだまだ出来ていません。

「ハキハキ!元気!賢い子」

幼児期にそんなにしなくても。
訓練してまで。
私がパニックになります。

一番、早く理解し賢くなるのは
幼児期。
良いものは良い。
今は、駄目ね。と分かれば
公私をわきまえた子になり
しっかりと自立をしていきます。

聞いて、取り組む。
理解して取り組む。
年齢と共にではなく
日々の取り組みこそが
訓練だと思うのです。
これは、お稽古事も遊びも一緒です。
ルールを考え、やる事を練習し
できるようにする。

楽しいことばかりでは
小学生になった時に出来ない。
楽しくない。やらない。
になってしまいます。

できる様になるために取り組む
訓練していく。
これが何事にも揺るぐことがない
自立だと考えます。

自分自身が何者になりたいか。
幼児期、小学生では見えません。
この可能性を広げるのが親の役目。

何事にも素直に前向きに取り組むこと
できるまで訓練することが自立の一歩。
未来への道を切り拓くと考えます。

posted by at 17:27  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP