集中力を養う学び

幼児教室・学習塾 羅針塾
長崎大学教育学部附属小学校の
「力試し」週間が終わりました。
んんっ?
先生は、つきっきりでしたね。
全教科試験範囲が広いので、テンポよく
効率よく取り組みました。
(今回も本当に試験範囲広し!)

羅針塾の取り組みは
一人一人のテーマに合わせて学ぶ。
しかし、毎回塾生さんは
同じコンディションでは
ありません。
一人一人の調子に合わせて
集中し学ぶ。
沢山の科目や教材の中から
「何」だったら取り組めるか。を
見極めていきます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

塾長が
小学校一年生の塾生さんに
「集中して黙々と
取り組むようになりましたね。」と
褒めていました。

入り口をキョロキョロと見たり
他の子をチラチラ見たりと
することも無くなり
自分自身の学びに全集中。
学びの効果が日々の会話の中で
よく出ています。

幼児期から又は、小学生から
始める羅針塾の学びの成果は
時を経てから現れてくるもの。
「学び」は直ぐには結果は出ません。
待って、待って、待って辛抱して
成果が出てきます。

その時には、集中力もしっかりと
ついています。

羅針塾の学びは
集中力を養い、トップになる
賢い子の学びです。

posted by at 14:50  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP