旅立ちの日

今週は、羅針塾の塾生さん旅立ちの時。
涙雨の一日となった火曜日でした。

小学校受験時からの御縁。
先生達はもう親戚の感覚です。
「どうかなあ。」「どうかなあ。」と
思い出話に花を咲かせました。

お母様の影に隠れていた日。
できないと悔し涙を流した日。
試験で緊張するとドキドキした日。
できて楽しかったと
嬉しそうに教えてくれた日。
初めての登校から通塾で疲れた日。
時は経て
家族旅行の話を話してくれた日。
音読を頑張った日。
友人の話を教えてくれた日。
今は、塾長と
世界経済や歴史を話すようになりました。

旅立ちの日が近づくにつれ
先生の涙腺は緩みっぱなし。
この制服も着なくなるんだあ。
この靴で来なくなるね。

お母様の影に隠れていた
幼児さんは立派な少年へと
成長しました。

「ハキハキ!元気!賢い子」

御縁がある場所で「トップ」になる。
そのまま描いた六年間でした。
これは本人の努力もですが
御両親の深い御理解と
御協力があってこそ。

どんな時も
素直に前向きに取り組むことを
続けた結果が一番です。

君が観る未来はどんなものだろうか。
ここからの六年間は「人生」の
ターニングポイントとなる大切な時。
一瞬、一瞬を大事に過ごしてほしいと
思っています。

御卒業おめでとうございます。

posted by at 14:00  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP