考える習慣をつける

羅針塾の新学期
学校にも慣れ、疲れも出だしました。
ここが大事な踏ん張りどころだと考えています。

特に新学年の最初は
学ぶ集中が切れないように
タイミングを見計らって取り組むことを
変えていきます。

新しいノートの取り方や
書き方を伝え、その後は
考えて使っていく。
とても大切なことです。

同学年でも一人一人の
学びは異なります。

何故、そうなのか。
見やすく、わかりやすくするには
何を工夫したらいいのか。
考えながら学んでいます。

こうやって
考える習慣をつけていきます。
身近なことから丁寧にです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

幼児さんの学びは
しっかりと発声をすること。
しっかりと聞き取ること。
これが考える力に結びついていきます。

親子で向き合い
楽しく取り組んでほしい。と
思っています。

この幼児さんの学びの一歩が
小学生の学びに繋がっていきます。

「先生!羅針塾でやっていたから
学校の授業は簡単です。
担任の先生の言っていることが
よく分かります。」と
毎年教えてくれます。

基本基礎をしっかりと取り組み
分かる!楽しい!になるように。
日々、向き合っていきます。

春のお菓子の差し入れ。
美味しく頂きました。ありがとうございました。

 

posted by at 19:01  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP