学ぶ本質

幼児教室・学習塾 羅針塾
最近、学ぶこと・教育について
いいお話を様々な方から
聞くことができました。

日本人は昔、昔
狩猟の時代から
「和をもって貴しをなす」ことを
大事にしてきました。

国のために役に立つ
何かのために
誰かのために

学ぶことの意義はここにありました。
だからこそ、日本という国は
立派な国として栄えました。

現代は
「今だけ、自分だけ」

今が楽しければいい。
今だけ良ければいい。

自分だけできればいい。
自分だけお金儲けできればいい。

学ぶことは
お金や地位や名誉ではなく

国のために
何かのために
誰かのために。

これを一所懸命に取り組んだときに
後から色々なものがついていきます。

学びの本質を忘れてはいけない。
という話でした。

「ハキハキ!元気!賢い子」

羅針塾では世界で活躍できるような
子供を育てたいと考え向き合っています。
その為にも
日本のことをよく理解し
何の為に学ぶのか。と
気づいてもらえたらと思っています。

ただ、志望校に行けばいい。
ただ、偉くなればいい。
ただ、外国へ行ければいい。

ではなく

日本のために。
日本人として。
自覚と誇りを持って
前向きに学んでもらいたいと
願っています。

毎日、賢い子になるようにと
子供達と向き合い、
いつの日かの将来の姿を
楽しみにしています。

posted by at 18:30  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ
PAGE TOP