高校受験の難化

公立高校の入試説明会へ
幼児教室・学習塾 羅針塾の先生達も
参加しています。

公立高校の入試が昨年度から変わり
今年度はどうなるのかなあと
思っています。
大学の入試改革により全国的に
公立高校の入試は難化しています。
どのように難しくなっているのか。
五教科全てにおいて
様々な資料等を読み理解し解くが前提です。

「国語力」が無いと入試は通用しない
ということです。

羅針塾の学びは
高校入試にも大学入試にも
通用する学びだと考えています。
「国語力」を磨く。
読み、考え、理解し、判断できれば
どの教科においてもベストな状況を
作ることができます。

「ハキハキ!元気!賢い子」

全国、公立高校の入試においても
語彙力・読解力が
必要なんだと思う試験内容ばかり。
「語彙力・読解力」を
受験生になってから
身につけようと考えても無理な話です。
テクニックだけでは解くことが
出来ない問題が多く含まれています。
また、これからは五教科を横断するような
問題が数多く出題されると思います。

「国語力」を磨くことは
幼児期から大切です。
羅針塾で学ぶ
母語である正しい日本語の習得
基本基礎を取り組み
「語彙力・読解力」をつける。
どのような問題にも対応できる
力をつけさせてやりたいと
考えています。
賢い子は、
幼い時からの学びを大切にしています。
それが未来への鍵となります。

posted by at 19:41  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP