小学校受験の学びに何が大切か。

台風一過の幼児教室・学習塾 羅針塾
続々と塾生さんが通塾。
午前授業だった私立の小・中学生も
午後から通塾です。

毎週、毎週の学びの積み重ねが
志望校への御縁に繋がると考えています。
幼児さんのお母様から
「志望校へ合格するには何が一番必要ですか。」
と質問がありました。

皆さんは何だと思いますか。

ハキハキ!していること。
なんでもテキパキできること。
明るく活発であること。
早生まれは不利??
などなど・・・

「しっかりと聴くこと。」が
一番大事だと考えています。

羅針塾の先生達は
色々な個性がある子の成長を
見守ってきました。
個性豊かな子供達が志望校に間違いなく
御縁をしていきます。
少し、落ち着きがない。
内気である。
(内気すぎる子も多いですね。)
普通は受験には向いていないという
子供達が志望校に御縁できる
というのは、日々の学びの中で
人の話を最後までよく聞くこと。を
羅針塾の先生達が大切に考えているからです。

「ハキハキ!元気!賢い子」

人の話を聞く。というのは
心が落ち着いていないといけません。
心身が疲れていると注意力も散漫になります。
羅針塾の学びは一人づつ、個別の学び。
一人一人の成長に合わせて
少しづつレベルを上げていきます。
子供達の成長を見つめ全ての子供達が
志望校に御縁していきます。

様々な角度から
聞く力を磨いていく。
これは国語力を磨いていることにもなります。
小学校入学時に「ピカイチ」な子供に
なるように育てていきたいと考えています。

 

posted by at 15:38  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP