賢い子供への道標

長崎市五島町にある
幼児教室・学習塾 羅針塾です。

幼児さんのお母様に
お母様は、お母様
(幼児さんからみれば、おばあちゃま)
との思い出は何ですか。
と聞いてみました。

「おもちゃが少なく、積み木程度でした。
ただ、良くいろいろな物を
作って遊んでいました。
絵もよく描いたし、
沢山の本を読んでくれました。
兄は手先が器用なのですが、
その頃からルーペや顕微鏡があり、
色々な観察をしていました。
ルーペで見ながらピンセットで
小さな折り紙を折っていました。
兄の今の職業に繋がっていますね。」

おお!やはり。ですね。
お母様がすごく落ち着いています。
幼児さんの将来をご夫婦でよく相談して
最善の方法でと考えてくださっています。

ご主人様の方も
兄弟二人姿勢を正し正座をして
音読をしていたそうです。
よく歌も歌っていたようで上手いですよ〜
と教えてくださいました。

「ハキハキ!元気!賢い子」

親子の歴史の中から
賢い子の片鱗が見えてきます。
今、同じように毎日20冊
読み聞かせをしているそうです。
塾長がお勧めした本を読み聞かせをし
お母様がハマり、号泣。号泣。
「親子で本当に学んでいます。」
読書の楽しさがまた増えました。と。

賢い子にするために
幼い頃のお母様を
振り返ってみてください。とお話しします。
みなさん、
良いことを伝授してもらっています。
工夫して今に繋げるかはお母様次第です。

時代が変わり、使うものが変わっても
賢い子の基本基礎は同じ。
五感を使う。
とても大事なことだと思います。

posted by at 15:25  |  学習塾・幼児教育

月別アーカイブ

長崎|羅針塾学習塾トップページ

羅針塾 SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
PAGE TOP